【湘南 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:新主将の想い――大野和成

2019年2月22日(金)


今季のスローガンである「加速」をテーマに、始動からタフなトレーニングを重ねてきた。「みんな去年のままではダメだと分かってる」今季主将を務める大野和成(写真)はチームの想いを代弁する。

「もう1段階2段階レベルアップしなければいけないという自覚のもとでやっている。もちろん全部はうまくいってないと思いますけど、意識の部分などは統一されていると思うので、あとは精度を上げるだけだと思う。開幕にできるだけ100に近いところまで持っていきたい」

ルヴァンカップ初制覇を果たした昨季、リーグ戦は最終節までJ1残留を争った。リーグ屈指の走力や粘り強い守備など強みを育む一方で、得点力が課題として見出された。今季取り組む「加速」はすなわち、ゴールを奪うために導き出されたキーワードでもある。

大野は言う。

「ボールが入ったときのサポートなど意識は統一されてきたと思うので、精度さえかみ合えば点を取る確率は去年より上がっていると思う。攻撃の精度を上げていけば守備に回る回数も減るし、相手を押し込めると思います」

開幕戦では札幌をホームに迎える。昨季クラブ史上最高位の4位に躍進した強敵だ。

「去年あれだけ順位が上だったのでみんな自信を持ってペトロヴィッチ監督のサッカーに取り組んでいると思うし、精度を上げてくると思う。逆にそういう相手と対戦することはうちの力を測るいい機会だと思うので、個人的にはすごく楽しみです。結果が出てこそやってきたことが確信に変わり自信にも繋がると思うので、結果にフォーカスして戦いたい」

ところで、指揮官からキャプテンの打診を受けた際、すぐには答えを出せなかったという。理由は古巣の記憶に辿ることができる。

「新潟でキャプテンを務めたときは、どうしたらチームがよくなるかと毎日つねに考えて、正直ほんとうに苦しかった。自分のことなんていっさい頭になかった」

育ったクラブを思い、人知れず抱えた痛みに想像は届かない。それでも今季、その責任とふたたび向き合うと決めた。「人生は一度しかない。キャプテンになっていろんなプレッシャーはあるけど、去年より確実にいいシーズンにしたいし、もっともっと高みを目指したい」。熟慮の末に引き受けた肩書は、大野和成の覚悟の証でもあるのだ。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第1節
2月23日(土)16:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 北海道コンサドーレ札幌
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.9)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報