【鹿児島 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:鹿児島サッカー新しい歴史の幕開け - 薗田卓馬の決意

2019年2月23日(土)


鹿児島サッカー悲願のJ2という舞台が幕を開ける。この日をどれだけ待ちわびてきたことだろうか。そしてこの日が来るということを信じて、どれだけのサッカー人たちが鹿児島のサッカーを創り上げてきたのだろう。その全ての想いを背負って今シーズンJ2の舞台に挑む鹿児島ユナイテッドFC。鹿児島で育ち今年鹿児島に完全移籍で帰ってきたFW薗田卓馬(写真)も特別な気持ちで開幕を迎える。

「徐々に高ぶってきている」そう薗田は開幕直前の気持ちを表現した。鹿児島県霧島市で誕生した薗田は鹿児島城西高校、福岡大学を経てアスルクラロ沼津に加入。鹿児島にキャンプで訪れていた当時ジュビロ磐田の中山雅史に憧れプロサッカー選手を目指した。
薗田が学生時代、鹿児島にはプロのチームが存在しなかった。しかし地元鹿児島にJ2クラブが誕生した今、薗田が子供たちの“夢”になる時がきたのだ。

昨シーズン期限付き移籍で加入した薗田はゴールを決めると“エンブレムにキス”で鹿児島愛を表現してきた。その姿にファンも魅了されたに違いない。鹿児島を代表する選手に成長した薗田にとって、この開幕戦はもう一つ忘れてはいけない特別な想いがある。それは対戦相手の徳島への想いだ。「徳島の皆さんには特別な想いがあります。移籍後半年で(期限付き)移籍したので、チームの力にはなれなかった」と話す。だからこそ、薗田はこう語ってくれた。「僕が成長しているところを監督や選手、サポーターに見せたいです。自分が得点をとって勝ちたい」誠心誠意、この開幕戦を徳島と戦いたいという強い気持ちが伝わってきた。

「開幕がゴールではない」しかしながら、この開幕戦は鹿児島にとって大切な歴史的瞬間だ。薗田卓馬の“エンブレムにキス”を、そしてJ2の幕開けを共に見届けようではないか。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月24日(日)13:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs 徳島ヴォルティス
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集