【大宮 vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:キャプテン大前元紀、新生大宮を「プレーで引っ張る」

2019年2月23日(土)


「すごく楽しみですね」
甲府との開幕戦を直後に控えた取材対応の場で、大前元紀(写真)はそう微笑んだ。

毎年、この時期はワクワクすると言う。ハードなトレーニングに明け暮れたキャンプを終えて臨む、シーズンのオープニングゲーム。自分たちが取り組んできたことがどれだけ通用するのかを試される場へ、大きな期待感を胸に足を踏み入れていくその気持ちは、まさに「ワクワク」という言葉に集約されるのだろう。

ただ、今年はそれだけではないようにも思える。これまで伝統的に4バックを踏襲してきたチームに、高木琢也新監督は3バックシステムをもたらした。大きな変革に戸惑いも感じられたチームだったが、サポーターへのお披露目の場となった2月9日の松本とのプレシーズンマッチでは、ほぼ試合のペースを握り続けながら2-0と完勝。「監督が代わってシステムも変わって難しい部分もありましたけど、監督がやろうとしているサッカーを選手一人ひとりがだいぶ理解して、それが練習でも試合でも出てきている」。2019年バージョンの大宮にしっかりとした手応えを得て、「楽しみ」という気持ちも例年より強いのではないだろうか。

自身のポジションもこれまでとは変わり、3トップのシャドーが主戦場になりそうだ。松本戦や他の練習試合では下がって組立に参加する場面も少なくなく、前線でのフアンマとの連係も含めてこなすべきタスクは多い。「最終的にゴールを狙うところにいることが大事だと思う。後ろでもらうだけじゃなくて前でもう少し駆け引きして、という場面がもっと増えればいい」とゴールを重ねるための課題を挙げながらも、「去年得点王を取ってもJ1に上がれなかった悔しさはある。まずはチームが勝って、その上で個人的にもそういうところがついてくればいいんじゃないかなと思います」とフォア・ザ・チームを強調した。

それには、キャプテン就任ということも影響しているのかもしれない。「特に気持ち的には変わりはない」と自然体を強調するが、それでも「キクくん(菊地光将・前キャプテン)がチームにいる中で僕がやるというのはいろんな意味があると思う」と、監督からの指名の重さはしっかりと認識している。
「プレーで引っ張っていければいい」

キャプテンマークを着けた背番号10の双肩に、クラブの宿願成就が懸かる。

文:土地将靖(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月24日(日)14:00KO NACK
大宮アルディージャ vs ヴァンフォーレ甲府
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報