【大分 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:時の人・藤本憲明 スターへの階段を踏み始めたばかり

2019年3月1日(金)


開幕2ゴールで派手なJ1デビューを飾った藤本憲明(写真)。3年連続異なるカテゴリーでの開幕ゴールは話題性に事欠かず、一気に“時の人”となった。大学卒業後にJFLからスタートしたキャリアが壮絶なサッカー人生を連想するが、本人は明るく、前向き。「キツイと思ったことなんかないわ。サッカーを辞めようとも思わんかったし、いつかはJ1のピッチに立つんやと思っていた」と笑い飛ばす。

成り上がりストライカーは、常に前線にポジション取りし、“パスが来たら俺が決める”というスタンスを貫く。俺様感がプンプン漂うが、ゴールまでの手順は繊細。パスの出し手が顔を上げた瞬間に、藤本は相手と駆け引きし空いたスペースに抜ける。この絶妙なタイミングが合えば得点できるという絶対的な自信があるから、練習から“あうんの呼吸”を共有するためのすり合わせに時間を割く。

今季は新たにパスの出し手が増え、シーズン前のトレーニングマッチで微調整を繰り返した。裏へ抜け出してもなかなかパスが出てこず、スペースに顔を出してもボールが入ってこない。それでも、「自分にしかできないプレーがあると思う。それを出せばゴールは生まれる」と強烈な自負は揺るがない。「何度も同じことをやっていれば俺の特徴を分かってくれる」と続けた結果が、新加入選手がお膳立てしてくれた開幕ゴールにつながった。

今節も「しっかり準備はできている。開幕戦の得点は自信になったが、もう前の試合のことは忘れて次も結果を残したい」と浮かれた様子はない。J1のピッチに立ち、これまでと異なる注目度に驚くが、「得点を決めて騒がれるようではまだまだ。反応がなくなるくらい当たり前にならなアカン」と軽口をたたいて笑わせた。藤本の力はこんなものでない。まだまだスターダムにのし上がる!

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第2節
3月2日(土)16:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs 松本山雅FC
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集