【東京V vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:まさかの2連敗も、超ポジティブな佐藤優平。「ジャンプするための、しゃがんでいる状態」

2019年3月8日(金)


昨シーズン、明治安田生命J1昇格プレーオフ決勝まで行きながらも最後に敗れてしまった東京Ⅴは、今季から新たにギャリー ジョン ホワイト監督を招聘し、悲願達成を目指すこととなった。『選手のアイデアを最大限生かした攻撃サッカー』をモットーに、「負けないように努力するのではなく、勝つように努力することが大事」と標榜する中、開幕戦では町田をリスペクトするあまり、キャンプから築き上げてきたスタイルとは違う、“相手対策”を最優先させたサッカーで挑み、黒星を喫した。その反省から、前節の愛媛戦は、ここまで作ってきた自分たちのサッカーを披露したが、崩され失点。2連敗という厳しいスタートとなった。

だが、佐藤優平(写真)は、この結果を非常にポジティブに受け止めている。「周りはいろいろ言いますが、自分たちにとっては、良いサッカーをしようとするために、ジャンプするためのしゃがんでいる状態。前節、初めて自分たちのサッカーが始まった。監督も『もうブレないで自分たちのサッカーをやり続ける』と言ってる。まだ1試合負けたという感覚で、次また良いサッカーができるように、監督についていくだけです」。

前節、前半20分までは思い通りの試合展開だった。ボールを保持しながら、昨年まで見られなかった縦につける展開も見られ、目新しさを感じさせた。佐藤が、最も収穫だと捉えているのが、シュートの意識の向上である。「ゴールに迫る回数は、去年よりはるかに増えた。シュートの意識は高くなってきている。監督も、シュートを打ったら『OK』と讃えてくれる。常に『打たなきゃ入らない』という根本的なことを言っていて、それは絶対に間違いないと思う」。2試合とも無得点に終わり、今季まだチーム初ゴールは生まれていないが、決して悲観はしていない。「シュートで終わることが非常に大事で、それができれば、そこでまたイメージが共有できる。どうしても、去年は中央で崩してという形をやってこなかったので、ブランクがあるのはしょうがない。大事なのは、これを続けていくことだと思います」。前節は、4-2-3-1システムで、1トップのレアンドロの下に入り、攻撃の核を託された。選手のアイデアが最優先、かなりの自由が与えられている中で、攻撃時にペナルティエリアに枚数をかけたいホワイト監督は、2人には前にいることを求める。「自由が与えられている中で、どこまでやって良いのかの見極めが大事」。レアンドロ、佐藤ともボールを触ってリズムを作るタイプだけに、チームの攻撃をストップさせないよう、いかにボールを触るかがポイントとなりそう。開幕戦となる今節、ぜひともサポーターの前で2019年最初のゴールネットを揺らしてほしい。

一方で、守備の仕方が課題であることは全選手が認めている。新指揮官は前線からの積極的に奪いに行くことを求めているが、昨季までの“ポジショナルサッカー”の引いて守るスタイルが身に染み付いている部分もあり、まだどうしても意識のズレが生じてしまっているようだ。チーム全体でしっかりと確認し合い、改善できているか。今後への大事な要素となる。

「42試合のうち、まだ2試合しかしてないという考えを持てば、変に勝って勘違いしてしまい、シーズンの中盤で連敗が続くよりも、これでよかった。謙虚に、自分たちはまだまだ足りないというのをわかっていることは、チームにとって良い材料だと思います」。最後にどのチームよりも高くジャンプするため、1試合1試合、力を蓄積していきたい。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月9日(土)14:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs ツエーゲン金沢
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.9)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.8)
グルメ (2.8)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集