【徳島 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:面白い人材。アグレッシブな岸本武流

2019年3月9日(土)


今季、育成型期限付き移籍でC大阪から加入した岸本武流(写真中央)
明治安田生命J2リーグ第1節・鹿児島戦(3●4)は途中出場ながらFWとして1得点を奪うなどして流れを変え、第2節・岐阜戦(1○0)ではWBとして右サイドでスピードを活かして好機創出の鍵となった。

来徳当初は、寡黙なタイプなのかもしれないと思っていた。しかしながら、プレシーズンを過ごす岸本の様子を見ていると、よく喋り、笑顔も多く、関西出身らしいノリもある若者だと分かった。育成型クラブを目指す徳島だが、同年代の選手が多いことも良かったかもしれない。

C大阪から徳島への期限付き移籍と言えば柿谷曜一朗(現・C大阪)、前川大河(現・福岡)と成長を遂げた先輩は多い。取材陣から柿谷の話を振られると「特に意識しているということはありませんが、柿谷選手が在籍していたときよりも多くの点を取りたいですね」。なかなかの面白い発言に突っ込んでみると「大きなことを言っておこうかなと思って(笑)」と照れ隠しの笑顔を見せた。ちなみに、柿谷が3年在籍して14得点だったので目標は15得点といった所だろうか。

さて、具体的なプレーに目を向けると、ドリブルとスピードが魅力的だ。特にドリブルは「もともと縦への推進力があるタイプだと思っています。そのドリブルは徳島色に染まるというよりは、僕は僕なりの色をなくさずに出していきたい」と自信を持っている。岐阜戦ではクロスから決定機も生み出したが「何本かいい形はあったと思いますが、上げたクロス数に対していいクロスの数は足りていません。そこはもっとこだわっていきたい」と向上心も強い。

リカルド ロドリゲス監督にも岸本の特長をどう捉えているか尋ねると「足の速さもあり、サイドでスピードを活かせる。あとは、縦への推進力もある」とポジティブな感想が多く出た。また、前線ではポジションごとに異なる特長を発揮できそうだが、ロドリゲス監督としては「FWの方が良さは出るとは思います」という見解のようだ。現状は1トップの戦術が多いが、当然ながら2トップのバリエーションもある。1シーズンという長いスパンで見たときに、どういった形で起用されていくのか。その活躍と結果に注目したい。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月10日(日)14:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs 大宮アルディージャ
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報