【FC東京 vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:新10番で、新主将・東慶悟の誓い「今年のFC東京は期待できると思ってもらいたい」

2019年3月9日(土)


東慶悟(写真)が10番を背負い、味スタに先頭で入場する。昨季で現役を引退した梶山陽平から背番号を引き継ぎ、長谷川健太監督から大役を指名された。この2つの変化を冗談交じりに「誰かに仕組まれたのかもしれない」と笑って話す。そのお披露目となった、今季J1開幕戦となった敵地・川崎F戦はいつもと勝手が違った。

「初戦は力が入ってかたくなってしまった。10番と、キャプテンはやっぱり重かった」

その緊張からは、続く第2節湘南戦で解き放たれた。0-1で迎えた前半27分に、左サイドを抜け出したディエゴ オリヴェイラが中央に折り返すと、走り込んで倒れ込みながら右足でゴールを挙げた。

「開幕戦をプラスにして、自分にもゴールが生まれた。もっとここから良くなると思う」

そして、いよいよ今季ホーム開幕戦だ。味スタに集まるファン、サポーターの声援を一身に浴びてピッチに足を踏み入れる。「アウェイの2試合に来られなかった人もいる。今年の東京を初めて見る人たちに、今年は期待できると思ってもらえるようにしたい。そのために、勝つことを目指す」。昨季はホームもアウェイも、共に7勝4分6敗という成績だった。特に、上位進出を目指した、終盤戦はホームで大苦戦。昨年8月5日以来、味スタで勝利を挙げることはできていない。

「情けなくて力不足を感じた。そうならないためにも、今年はホームで強いというチームになりたい。(今年の)ホーム開幕戦ではそういうプレーと意気込みを見せたい。味スタはいいスタジアム。あそこを満員にしたい。そのためには勝たないと。その第一歩として勝利を挙げたい」

今年で29歳の新米キャプテンは、「まだまだ成長したい。それは自分も、このチームも。今年は先頭に立って引っ張っていきたい」と言葉にした。ここから東も、FC東京も変わる。そんな空気が今、漂い始めている。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第3節
3月10日(日)14:00KO 味スタ
FC東京 vs サガン鳥栖
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報