【名古屋 vs 大分】 ウォーミングアップコラム:「ナゴヤの動く城」か、はたまた「リベロの武田」か。武田洋平の果敢なプレーが今、面白い。

2019年3月12日(火)


「いいか、11人でやるんだ。GKもフィールドの一員だぞ」

沖縄での2次キャンプ初日、風間八宏監督は3人のキーパーたちにそう伝えたという。今季は今までに増して前線からの守備を徹底し、なおかつハイラインを保った戦い方を選択する中で、チームは最後尾の砦にも“移動要塞”となることを求め始めた。その役割をかなりというか、ものすごくアグレッシブに務めているのが武田洋平(写真)だ。YBCルヴァンカップ前節の神戸戦では攻撃中に自陣の中央付近までそのポジションを押し上げ、5人目の4バックとでも言うべき位置取りで前がかりのチームを強力に後押しした。

「怖かったよ。でも、だいたいの感じはつかめたから、ここから良くしていきたい」。武田は試合後に手応えを語っている。相手のロングボールに対し、ペナルティエリアを飛び出してクリアするのは現代では珍しいことではないが、本来ならばDFラインの選手が対応しそうなボールをさばくのはやはりリスクも伴う。だが武田は努めて冷静に状況に対処し、いつも通りの大胆不敵なボールさばきで無難にその役割を全うした。この試合で名古屋は2失点を喫しているが、ともに守備陣全体の集中力の欠如が生んだピンチであり、武田が前に出たことで生じたものではない。それどころか武田は最後までシュートに食らいつき、勝機を最後まで手放さなかった。

そして攻撃面では常に味方にアドバンテージを提供し続けた。GKが高い位置を取ってボールをさばけるなら、自ずとチームはそのスタート位置を通常より前目に設定できる。「攻撃にしても5mから10mも前でボールを回せるので、僕らも前に行きやすいです」と右サイドバックの菅原由勢は助勢に感謝し、センターバックの櫛引一紀も「足元があるので安心して任せられます」とその技術力に太鼓判。同僚でありライバルのランゲラックは「自分には自分のプレースタイルがあるから、あそこまではしないけど」と前置きしつつも、「タケのプレーは素晴らしかったよね」とその果敢さを称賛する。

そもそも武田と言えば、フィールド的なスーパープレーをたびたび見せることで名古屋ではつとに有名だ。明治安田生命J2リーグを戦った2017年の公式戦では「そこ通す?」というリスキーなパスを何度も通してみせ、今季もとある日の紅白戦ではFWのプレッシャーをワンタッチのフィードで出し抜き、かつサイドハーフの足元にピタリと合わせてチームメイトを唸らせた。リラックス目的のポジションレスなゲームではボランチを器用にこなす姿が目撃され、そこから前線に攻め上がっていくダイナミックさは本職顔負け。極め付きは沖縄キャンプでの一幕だ。監督からビルドアップのバリエーションをいくつか提示された時のこと、サイドに張り出してボールを受けた武田はFWのプレスをものともせず、目の前の自軍サイドバックへのパスをカットしにきた相手DFの裏をかく“スルーパス”を通してみせたのである。そういう時、本人はいつも「ノリや」と照れ隠しをするのだが、ノリでできてしまう彼は天才である。
武田のリベロ的プレーには指揮官も良い印象を抱いているようで、「あれは自分の判断でやっていること。チームがうまくやれればそれで良い。でも彼がこれをやって優位性を作りたいのではなく、優位だから余計にできるというだけなんだよ」と概ね評価は高い。もちろん武田もつかんだ手応えを基に、さらなるレベルアップを心に誓う。

「もちろん継続していくことが大事ですし、細かい部分でもう少し精度を上げていきたいというのが個人的な部分。ポジショニングの修正は必要だし、試合になれば相手の状況だってある。それを見ながら考えなければいけないし、大分はショートカウンターも考えておかないといけない。常にディフェンスの準備をさせながら、自分の準備もしてポジションを取っていければと思います。やっぱりウチはラインを高くキープするので、FWからDFまでをコンパクトにして、ラインを合わせる。あとはボールウォッチャーになってしまうところがあるので、受け渡しになってしまうところは自分から声をかけていこうと思っています。そうやって気づかせていきたい」

大分はそういえば前所属となる古巣戦だが、「やっぱり何となくは見てきたチームですよ。“古巣感”はもうそこまでないんですけど、意識はします」と武田の反応はやや薄め。それでもと印象に残っていることを訊くと「……J3降格じゃないですか。落として、自分は名古屋に来てしまいましたし。それがJ1で試合ができるなんて、とは思いますよね。自分がいたチームがJ1で頑張ってくれているのは嬉しいです」ちょっと遠い目をされてしまった。だが、だからこそしっかり勝ちたい、と締めた名古屋の動く最後の砦は、やはり自分の持ち味をフル稼働させる現在のプレーに少なからず良い感触を得ているようだった。

某サッカー漫画よろしく“リベロの武田”か、はたまた某名作アニメ映画よろしく“ナゴヤの動く城”か。異名は何でも良いのだが、とにかく動き回る武田洋平には注目である。あ、某チームメイトよろしく「何でそこに武田が」で、“NST”でもいいのかも。

文・写真:今井雄一朗(名古屋担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
3月13日(水)19:00KO パロ瑞穂
名古屋グランパス vs 大分トリニータ
パロマ瑞穂スタジアム(名古屋グランパス)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.5)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報