【大分 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:後藤優介 着実にステップアップ、2度目のJ1で主役になる

2019年3月16日(土)


YBCルヴァンカップ初戦、明治安田生命J1リーグ3節の2試合で決勝ゴールを決めた後藤優介(写真)は好調を維持している。本人は「まだまだ修正点が多い。もっといい位置をとって相手を剥がさなくてはいけないし、得点できた場面で決めきれなかった」と浮かれた様子はない。

2016年のJ3から3年連続ふた桁得点を記録し、着実にステップアップした。ストライカーとして縦への鋭い飛び出しや高いシュート技術を持つ。常に置かれている状況や場面を俯瞰する戦術眼を持ち、さらにチームメイトや対戦相手のポジションと照らし合わせて臨機応変にバランスを整えることができるチャンスメーカーとしての素質も兼ね備える。

今季はオナイウ阿道や小塚和季、伊藤涼太郎らJ2で結果を出したライバルが前線に新加入し、開幕から2試合はベンチで過ごした。「悔しい思いはあった」が黙々と出番に備えて準備は怠らなかった。途中出場となったルヴァンカップC大阪戦で挨拶代わりに今季初得点を挙げ、続く中2日で行われたリーグ磐田戦では先発の座を勝ち取ると、絶妙なポジショニングでパスを引き出し、鮮やかなボレーでゴールネットを揺らした。

プロ2年目の2013年に経験したJ1は、高松大樹や森島康仁などエースストライカーと呼ばれる高い壁に阻まれ3試合の出場のみ。2度目の挑戦となる今季のJ1は、チーム在籍8年の最も古株として臨む。「勝つために自分に何ができるのか。もちろん今年もふた桁得点を狙いたいが、前線の3人がしっかり連動していけば、自然と自分にもゴールという結果がついてくると思う」

あくまでも黒子に徹してきたが、前線にいる以上、結果は不可欠。献身的なプレーでチームメイトの信頼を勝ち取り、自分の特徴を表現する土壌を作ったのだから、次は後藤自身が周囲に要求し、ゴールへのアプローチを確立すべきだろう。活かすことに集中するのではなく、活かし活かされる関係にーー。そのときこそ、唯一無二のメインキャストになるはずだ。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第4節
3月17日(日)16:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs 横浜F・マリノス
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報