【東京V vs 栃木】 ウォーミングアップコラム:個の強さがより求められるサッカーにモチベーション高める平智広。

2019年3月15日(金)


前節、今季初勝利を挙げ、チームにも笑顔が戻ってきた。特に大きかったのが、先に1点を取られた後から、2点を奪って勝てたことだろう。明治安田生命J2第1、2節と点が取れていなかった中での逆転勝利は、間違いなく自信につながったはずだ。

攻撃に光明が見えてきたところで、今節は守備に注目してみたい。最小失点とはいえ、3試合連続で失点を喫しており、今節はシーズン初のクリーンシートを目指したい。
昨年までのロティーナ監督は、ポジショニングを最重要視し、セットして“チームとしてどう守るか”が守備スタイルだった。だが、今年は違う。ギャリー ジョン ホワイト監督は、アグレッシブにボールを奪いに行くことを強く求めている。そこに、強いやりがいを感じているのが、不動のセンターバックとして信頼を集める平智広(写真)だ。「球際の部分など、個人個人のバトルというか、気持ちの見えるプレーが今年は増えると思います。個人としてボールを奪い切れる選手が重宝されるので、そこにトライできるという意味では、自分にとっても守備力を高められるチャンス」と、大歓迎だ。

攻撃に枚数をかけ、全体としてリスクを負ってプレッシャーをかけに行くサッカーを目指しているだけに、「どこでボールを奪いにいくかと、中盤が1人出ていった時に、もう1人の中盤がセンターバックの前の危険なスペースをどう埋めるか」を、現時点での一番の課題にあげる。高い位置で奪えれば、昨季には見られなかったショートカウンターでの得点チャンスも作れるだけに、「自分たち主導で奪いにいけるようにしたい」。

対戦相手の栃木に対しては、「シンプルに縦を使ってくるのかなと。前線の3枚が自由に連動して動き、そこにボールが入ったらシンプルに攻撃してくるし、裏からもどんどんボールが来る。みんなハードワークする、すごく良いチーム」だと印象を口にする。
対策としては、「第一に、前から行くなら、ボールホルダーに対してどれだけ限定できるか。少しでも限定してくれれば、後ろは読みやすい。そして、ロングボールが入った時に、どれだけ中盤の選手がプレスバックできるか。セカンドボールを回収できるか」が鍵だと話した。加えて、FWにボールを入れさせない、中を使わせないなど、ゴール前まで運ばせないためのコーチングも必要不可欠となる。

前節から、センターバックで新たにコンビを組むこととなった元日本代表DF近藤直也が怪我から復帰し、頼もしい支えができたことも大きい。持ち味を存分に発揮し、最終ラインからチームを勝利に導きたい。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月16日(土)14:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs 栃木SC
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.7)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.6)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報