【F東23 vs 岩手】 ウォーミングアップコラム:FC東京U-23のDF中村拓海がJ3デビューへ 「自分がどれだけできるかが大事」

2019年3月15日(金)


東福岡高から新加入したDF中村拓海(写真)が、J3のピッチに初めて立つ。すでに今季YBCルヴァンカップの2試合に出場するなど、トップチームでも着実な経験を積んできた。今節の岩手戦がJ3初出場となるが、「ルヴァンカップにも出場しているので、あまり緊張はない」と言い、「あとは自分がどれだけできるかが大事になる」と続ける。

ルヴァンカップでは柏と、仙台と対戦し、そこでの手応えをこう口にする。

「やれる部分はあると感じた。多少の戸惑いはあったが、東京の練習の方が強度もスピードもある。そこはキャンプですごく感じたが、そこは慣れたのでそこまで感じなかったビルドアップも落ち着いてできたり、バイタル前のところだった、バイタルに入ったりするところは落ち着いてできているかなと。ただ、守備のポジショニングで周りを見習ったり、練習でやっていかないといけないと思いました」

その潜在能力の高さは、トップチームを率いる長谷川健太監督も高く評価してきた。正確な技術と、運動量を兼ね備え、クロスの精度も高い。本人も課題に挙げる守備が改善されれば、トップチームの試合に絡んでもおかしくないだけのパフォーマンスはすでに見せている。ルヴァンカップや、このJ3での活躍次第では、J1デビューも近づくはずだ。

「結果を残してJ1に先発で出たり、途中からだったりに絡めるようにしていきたい。ここから代表活動もある。まずは東京で活躍してからだと思うので、(与えられた場所で)結果を残せればいいと思います」

振り返れば、加地亮、徳永悠平、長友佑都、太田宏介、室屋成といったサイドバック(SB)を代表に輩出してきた。U-20日本代表にも選出去れ、その系譜を継ぐ面白い素材だ。先人たちとも違ったタイプのルーキーが、青赤に新たな風を吹かせようとしている。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
3月16日(土)14:00KO 味フィ西
FC東京U−23 vs いわてグルージャ盛岡
味の素フィールド西が丘(FC東京U−23)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.1)
イベント充実 (2.3)
グルメ (2.0)
アウェイお楽しみ (2.6)