【群馬 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:法政大卒ルーキーGK吉田舜、開幕スタメン。群馬の守護神へ

2019年3月16日(土)


開幕戦のゴールマウスに陣取ったのは、法政大卒のルーキー吉田舜(写真)だった。

群馬は、昨季の守護神・松原修平が湘南へ移籍するなど3人のGKがいずれも移籍、GK全員が新加入という始動だった。

まさに横一線のスタートとなったが、激戦区のポジションで開幕スタメンを勝ち取った。
前橋育英出身の吉田にとって、正田スタは慣れ親しんだスタジアム。大学卒業時、いくつかのクラブから誘いがあった中で、“第二の故郷”である群馬を選んだ。ピッチに出たルーキーGKは「大学時代よりも観客が多く、サポーターの声が力になった」と振り返る。

吉田は20分すぎのピンチを決死のセービングでブロックし流れを呼び込む。「ミドルがDFに当たって、コースが変わったが、うまく止めることができた。先制させるのは避けたかった」。吉田は好セーブでチームを鼓舞。しかしながら1点先制後に不運なPKで失点し1−1でハーフを折り返す。

後半も安定したセーブとビルドアップ、さらに高精度パントでカウンターの起点となった。群馬は53分の追加点で2−1と再リードしたが、75分にショートカウンターを受けて失点した。吉田は、好判断で飛び出したが、相手のシュートは体の脇を抜けていった。

「飛び出すタイミングやコース取りが、もうちょっと良ければ止められていた。2度リードしたのに同点になってしまったのは、GKとして悔しい。次節は、無失点で抑えて、勝ちたい」

開幕戦でJデビューを飾った吉田は、「守護神の称号」を得るために2節相模原戦のピッチに立つ。

文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
3月17日(日)13:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs SC相模原
正田醤油スタジアム群馬(ザスパクサツ群馬)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (2.5)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.6)