【水戸 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:清水慎太郎、開花するストライカーの才能。課されたハードルも乗り越えていく

2019年3月16日(土)


その写真を見て、驚かざるを得なかった。

地元紙に掲載された第2節栃木戦での清水慎太郎(写真)のゴールの瞬間を撮影した写真。左サイドからのクロスをファーサイドに飛び込んだ清水が無理な体勢ながらも足を伸ばしてボレーで合わせて決めたゴールであったが、ボールをインパクトした瞬間、清水の目はボールではなく、前を向いていたのだ。

清水は振り返る。

「もちろん、ボールも見ましたよ。ただ、その瞬間はGKを見たんだと思います。自分の方に体を寄せてきていたので、ファーに蹴ろうかなと思ったんですけど、バウンドさせたら絶対に取れないと思って、バウンドするボールを蹴りました」

合わせること自体、難しいボールだったにも関わらず、一瞬の間にそこまで判断し、そしてプレーで体現できる。まさに「天性のストライカー」としての真骨頂を見せたゴールであった。

前節長崎戦でも電光石火のカウンターから上げられたクロスを合わせて2戦連続ゴールを決めてみせた。

プロ9年目。これまでJリーグで14得点しか挙げられていない清水が、ストライカーとしての才能を水戸の地で開花させようとしている。その理由について、清水は「チーム全体で自分のことを意識してくれていることが大きい」と分析する。チームとして攻撃時にボールを持った際、必ず清水のことを一度は見てくれる。だからこそ、動き出しやすいし、意志を統一しやすい。その連係がゴールという結果につながっている。

「攻撃の組み立てを(黒川)淳史や(木村)祐志さん、モテ(茂木選手)がやってくれて、ゴール前までボールを運んでくれる。だから、自分はペナルティボックスでの仕事に集中できている」と清水は充実した表情で口にした。

調子を上げるストライカーについての評価を長谷部監督に問うと、予想外の言葉が返ってきた。

「持て余していますね」

まだまだ彼のポテンシャルは発揮されていないというのだ。

「運動量も含め、技術的なところももっと向上できると思いますし、試合に出せる。もっと彼に働いてもらいたい」と語り、さらにこう続けた。

「もっと周りを使えるようになったら、もっと彼も生きると思う。個人で頑張るだけでなく、もう一つ上の段階でプレーしてもらいたい。今まではあまり試合に出続けられなかったけど、今年は出続けることができています。その中で自分も活躍する、周りを活躍させるということを意識してもらいたい。それができなければ、彼の仕事は完成しない」

監督が求めるハードルは高い。ただ、それだけのポテンシャルを見抜いているからこそ、課しているハードルである。それを乗り越える喜びを感じながら、清水はストライカーとして進化し続けていく。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs ジェフユナイテッド千葉
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.0)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報