【山形 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:中村駿、揺るがぬ確信とともに

2019年3月16日(土)


開幕戦は自身25歳の誕生日でもあったが、そのピッチに立つことはなかった。その3週間ほど前から控え組でのプレーが多くなっていたため、覚悟はあったかもしれない。ただ昨シーズン、チームでもっとも長い時間ピッチに立ち続けた選手に、悔しさがないはずはない。

それでも中村駿(写真)は強がるふうでもなく、ただ淡々とこう答えた。

「長いキャンプをやってきて、その中で監督が見て選んだメンバーだと思う。それは自分の力不足。最初から完成してもつまらないので、ここから少しずつ良くしていければいいんじゃないかなと思います」

開幕戦を0-2で落としたチームは、その後、2連勝。ピッチには中村が戻っていた。2-0の横浜FC戦では、いずれも三鬼海が蹴るセットプレーから阪野豊史が2得点。3-0の町田戦では3人が今季初めてスコアラーとなった。続々と「ヒーロー」が生まれ、チームは好循環を思わせる。しかし、本当のヒーローは、そうした活躍を黙々と支えている選手かもしれない。

ホーム開幕戦を前にした練習グラウンド。ボール回しでは積極的にボールに関わっている。常に顔を上げ、首を振って周囲の状況を把握。ファーストタッチの置き位置もピタリと決まっている。高い集中力。スイッチは自らの意思で自在にオン・オフできる。もう何にも左右されることなく。

今節、出場すればJリーグ通算100試合目となる。16年にアマチュア契約でJリーグに飛び込んだことを思えば、順調な歩みなのだろう。ただし、メモリアルな話題で次節出場できるわけではない。連勝中のチームが次の勝利を約束されるわけでもない。好調のまま走り抜けられるほどJ2は甘くない。どんな試練が来ても、誰でもない自分が、チームのためにやれることをやるだけ。揺るがぬ確信とともに、中村は通過点のピッチに立つ。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報