【富山 vs 福島】 ウォーミングアップコラム:故郷に戻った高橋駿太の躍動を見よ

2019年3月16日(土)


富山はホーム開幕戦で今季初勝利を目指す。就任2年目の安達亮監督のもと強化が進んでおり、チームの仕上がりは良い。目標であるJ2復帰に向けてスタートダッシュを決めたい。

初戦だった先週の相模原戦は押し気味に進めたが0-0で引き分けた。今季は攻撃的なパスサッカーを看板に掲げており、無得点に終わったのは不本意だった。今回はまず、ホームに持ち越しとなった今季初ゴールが必要。誰が突破口を開くのか、注目される。

サポーターの期待を集めるのが今季から出身地のクラブでプレーするFW高橋駿太(写真)。前節はDF裏に抜け出して何度もゴールに迫り、オフサイドで幻の得点にはなったが、難しい位置からシュートを流し込んでもいる。調子が上がっているようだ。

平成元年生まれの30歳。2007年春に富山第一高を卒業して山形に加入しており、09年にJリーグに参入したカターレよりもプロとしての歩みは長い。09年から5シーズンは栃木ウーヴァや琉球に在籍してJFLなどでプレーしたが、12年にJFL得点王に輝くなど活躍。14年に長野に加入してJの舞台に復帰し、群馬1年目の16年にJ2で11得点をマークしている。円熟味を増し、12年ぶりに故郷へ戻ってきた。

「今年にかける気持ちは強い。優勝して昇格するために全力を尽くしたい。チームのために、きつい時間にハードワークするといったことをやっていく」

文:赤壁逸朗(富山担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
3月17日(日)14:00KO 富山
カターレ富山 vs 福島ユナイテッドFC
富山県総合運動公園陸上競技場(カターレ富山)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報