【甲府 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:スーパー・ウタカのゴールでホーム初戦は王道の勝利を狙う

2019年3月16日(土)


昨季はルヴァンカップと天皇杯でベスト8入りも、リーグ戦は9位の甲府。一度もプレーオフ圏内入りすることなく昇格争いに絡めなかった。今季はYBCルヴァンカップがなく、リーグ戦に集中して戦えるだけに、序盤戦から昇格争いにしっかり絡みたい。今季はホーム・山梨中銀スタジアムの改修工事で開幕から第3節まで連続アウェイという変則的なスケジュール(大宮、山口、鹿児島)で、長距離移動の疲労を心配したがアウェイ3連戦を2勝1分と結果(勝点7)を残した。最高(勝点9)と及第点(勝点6)の間くらいの結果ということになる。

しかし、まだ序盤の序盤。ホーム初戦で勝つ姿をファン・サポーターだけでなく、あまり興味がない県民にも見せて、ファン・サポーターが増えるような盛り上がりに繋げたい。そのためにどうしても活躍してほしい選手が今季加入のFWピーター ウタカ(写真)。35歳とはいえ、上手さや一瞬のスピードは脅威を充分に与える、頼りになる選手。自己管理もしっかり行うからこそのトップパフォーマンスでもある。

前節の鹿児島戦(1-0○)は勝利したものの、ウタカがPKを外した場面もあり、仕留めることができずにしんどい試合になった。山口、鹿児島と続いた長距離移動の疲れがボールタッチの感覚に微妙に影響していたようにも感じたがリフレッシュできるホームゲームはスーパー・ウタカとしてピッチに立つ。「J1に行くならホームゲームは全部勝つことが必要」というウタカ。「鹿児島戦のPK失敗の借りは長崎戦で返す」という。“江戸の敵を長崎で討つ”的な表現になってしまうが、ホーム初戦をウタカのゴールで勝利(無失点希望)できれば今季の流れができる。

文:マツオジュン(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(日)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs V・ファーレン長崎
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.1)