【沼津 vs G大23】 ウォーミングアップコラム:プロとしての第一歩を歩んだ渡邉りょう。期待感高まる逸材。

2019年3月16日(土)


東京都出身で産業能率大学を卒業し、今シーズンから沼津でプロキャリアをスタートさせた渡邉りょう(写真)。沼津にとっても主力が抜けたFW陣の穴を埋めるべく、大卒ルーキーながら即戦力としての期待値も高い。渡邉の1番のストロングポイントは、裏に抜け出す動き出し。「裏に抜け出してからゴールに迫る迫力は自信を持っている。そこを試合で発揮したい」と本人も意気込む。堅守速攻を掲げる沼津にとってもその特徴は、大きなプラスとなるはずだ。

明治安田J3幕を迎えた前節、早速その機会は訪れた。1点ビハインドな状況の中で迎えた62分。今シーズンから沼津に加入した川森有真と交代し、プロデビューを飾った。もちろんチームとして同点、そして逆転を期待されてピッチに送り出されたが、「ファーストプレーでシュートを打てるチャンスがあった。そのファーストタッチをミスしてしまった。そういう細かいところを突き詰めていかないとチームとしても個人としても結果を残せない」と反省も多いデビュー戦となったようだ。ただデビュー戦にも関わらず、「思ったよりも緊張はなかった」と物怖じしない強いメンタルも兼ね備えているだけに、今後に向けて楽しみであることに変わりはない。

ただこれからどのような成長を見せて、チームに貢献していくことができるかがプロ生活では重要となる。特に沼津のFWに求められるのは、得点だけではない。前線からアグレッシブに規制をかけて、その守備から攻撃を仕掛ける沼津にとって、献身的な守備も要求される。その守備については、「慣れるまでに時間がかかる。その守備があっての攻撃。それを青木選手や畑選手が築き上げたから昨シーズンの順位だったと思う。そこには早く慣れたい」と貪欲な姿勢だ。

「同じ大卒でもJ1で言えば相馬選手、J3で言えばディサロ選手は開幕で点を取って結果を残している。そういうのを見るとメラメラしてくるし、自分もやらなければいけない気持ちになる」と同じ大卒ルーキーの活躍に刺激を受けた渡邉。17日にホーム開幕戦を迎える中でどのようなプレーを見せてくれるか、また今シーズンどのような成長を見せてくれるか。沼津にとって楽しみな逸材だ。

文:森亮太(沼津担当)

明治安田生命J3リーグ 第2節
3月17日(日)13:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ガンバ大阪U−23
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.1)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.3)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.1)