【C大阪 vs 浦和】 ウォーミングアップコラム:開幕戦以来の勝利を目指す今節。「チームとして点を取るところにこだわって、自分たちの質を見せたい」と柿谷曜一朗

2019年3月16日(土)


前半に連係ミスから失点し、その後は攻め立てるも1点が遠く、0-1で敗れた前節のサンフレッチェ広島戦後、「チームとしてのコンセプト、目指すところには全員が勇気を持ってチャレンジしていた」と話した柿谷曜一朗(写真)

コンセプトとは、自ら主導権を握り、しっかりとボールを保持して攻めること。「今季はボールを握るところにチャレンジしている。こういうチャレンジした試合が続けば、もっともっといい試合を見せることができると思う。負けたことはしっかりと受け止めて、ポジティブに戦っていきたい」と柿谷は内容には悲観していなかった。

その上で、「あとは、僕ら前の選手(の問題)。あれだけ後ろから勇気を持ってつないでくれて、前線までボールを運んでくれているのに前が決め切れていないのは、僕らの責任でもある」と自身を含めたFWを戒めた。

今節を前に、「チームは少しずつ良くなっている。試合でも、いいプレーが出せている。もちろん、まだまだ成長の余地はあるが、毎日、成長を感じることができる」と話したロティーナ監督。浦和レッズをホームに迎える今節。向上しつつある内容を勝利という結果につなげるために、何より欲しいのは得点。「チームとして点を取るところにこだわって、全員でやっていけば、少しずつ形になると思う。勝ちにこだわって、自分たちの質を見せることができたらいい」(柿谷)

開幕戦以来の勝利をサポーターと分かち合うために、チーム一丸で得点を奪いにいく。

文:小田尚史(C大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第4節
3月17日(日)15:00KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs 浦和レッズ
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.4)