【京都 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:左利きなのに右サイドバック。新境地を切り開く黒木恭平。

2019年3月16日(土)


一年前はJ3で控えに甘んじていた男が、J2で好発進を遂げたチームで大きな役割を果たしている。

黒木恭平(写真)は昨夏、鹿児島ユナイテッドFCから期限付き移籍で加入。J3で昇格争いを繰り広げるチームでは4試合しかピッチに立てていない。京都加入後も左サイドバックの二番手として出場機会は限られたが、終盤戦では2試合に先発。オフシーズンには完全移籍でチームに残ることが発表されている。

迎えた今シーズン。開幕スタメンに名を連ねたことと同時に周囲を驚かせたのは、左利きの彼が右サイドバックに配置されたことだ。今季は本多勇喜や冨田康平とレフティーのサイドバックが他にもいるとはいえ、珍しい起用法といえるだろう。
だが、そんな周囲の思い、疑念や心配を吹き飛ばすような活躍を見せている。第2節・鹿児島戦では正確な縦パスを前線に送り込んで決勝点の起点となり、第3節・福岡戦ではボール奪取後のカウンターから前線へドリブルで持ち運び、宮吉拓実とのワンツーから正確なシュートでゴール。チームに勝点3をもたらした。

利き足とは逆サイドに配置される“逆足サイドバック”について黒木は「役割はどちらのサイドでも同じだけど、ボールの持ち方やプレッシャーの受け方は変わります。その中でパスをつないで、相手を動かして、ボールを運ぶことを意識しています」と説明する。
今季の京都はボールを保持する攻撃スタイルを掲げており、サイドバックはタッチライン際ではなく、少し内側のエリアで攻撃を組み立てる役割を任されている。「こういった戦術でやるのは初めて」だが、専修大学玉名高校や福岡大学では中盤でプレーしていた黒木はスムーズに適応。右サイドやや内側のエリアでボールに絡むことで、むしろ左利きの利点 ―ボールを持つ角度やキックの種類― を上手く発揮してチームに貢献している。サイドや利き足云々もあるが、チームが求める役割と黒木の特徴がマッチした結果、右サイドバックという起用法となったわけだ。

前節は中田一三監督が福岡対策の戦術を採用し、黒木も本来の左サイドに戻った中で、過去2試合のように攻撃を組み立てる場面は多くなかった。それでも守備から攻撃の素早い切り替えからゴールが生まれたことが示すように、コンディションや調子は良好だ。
今後は相手に研究されてくるだろう。「相手の早いプレッシャーをかわせるようにならないといけない。もっとレベルアップして、チームワークを磨いていきたいですね」と浮かれた様子はない。
今節も強力な攻撃陣を擁する柏の特徴を考えれば、前節の5バックを継続して黒木が左サイドに回る可能性もある。その中で粘り強く戦い、勝点を積みあげることができるかどうか。チームにとっても、黒木にとっても、今後への試金石となる試合だ。

現在は単身赴任中。アウェイの福岡戦には地元・熊本に住む家族や、義姉のスザンヌさんが応援に駆けつけて、目の前でゴールを決めた。「でも、子供は寝ていたんです。見て欲しかった…(笑) でも、家族の前で決められたことを、僕はずっと覚えています」と笑顔を見せた。改革を見せるチームと共に、新境地を切り開く黒木のプレーに注目したい。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(日)14:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs 柏レイソル
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (2.5)
アクセス (4.1)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (2.6)