【岐阜 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:チームにフィットしつつある富樫佑太。初ゴールを期し、いざ鹿児島戦へ

2019年3月16日(土)


今季、琉球から加入したFW富樫佑太(写真)は、鹿児島で今季より指揮をとる金鍾成監督と琉球で3年間にわたり共闘した間柄だ。そして、同チームのDF藤澤典隆とも、琉球で共にプレーした経験を持つ。金監督のサッカースタイルを知るFWだからこそ、今節の相手・鹿児島に対しては「ミスが少なく、またハードワークもしてくる。アグレシッブで、熱量の高いサッカーをしてくる」と警戒する。

前節・岡山戦では途中出場の中、試合終盤に決定機を迎えるも「決めなければいけないところを決めきれなかった。シュートチャンスはくると思っていた。時間があった分考えすぎたのと、(利き足が)右だが、(ドリブルで)右サイドにボールを持っていってしまったのもミスだった」と反省。ただ、「チームの勝利が第一」と気持ちを切り替えている。

惜しくも決定機を逸してしまった富樫だが、それでも開幕から3節にして、ゴールへと抜け出す形が作り出せたことは何よりの好材料だろう。前線であればどこでもプレーできる万能型FWで、特徴は決定力やアシスト能力の高さ。その良さを出すには、「前を向いた形でボールが貰えれば、得点へのイメージが湧いてくる」との言葉が端的だった。そして、岡山戦では「ボールを持っている選手を追い越していくイメージで、ボールサイドにCBがつられたので裏に(ボールが)出てくるだろうな、と思った。たまたま出来たチャンスではなく、考えた上で抜け出せた」決定機。富樫は1試合毎、着実にチームにフィットしていっている。

今節・鹿児島戦に向け、「ジョンソン監督や藤澤選手との対戦は楽しみ」と富樫は語る。開幕からの3戦で2勝と良い船出をした岐阜だが、フィットしてきている富樫が得点となれば、さらなるチーム力の底上げにつがなることは絶対だ。昨季のJ3における日本人選手最多得点者。J2での初ゴールで、チームを勝利へと導けるか。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(日)14:00KO 長良川
FC岐阜 vs 鹿児島ユナイテッドFC
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)