【大宮 vs 水戸】 ウォーミングアップコラム:今、最もチームに必要なこと。闘将・三門雄大が活を入れる

2019年3月22日(金)


シーズン開幕前には有力なJ1昇格候補に挙げられた大宮だが、狙ったスタートダッシュを果たせずに苦しんでいる。開幕2戦をホームで戦えるアドバンテージを生かせずに1分1敗。大きくメンバーを入れ替えた明治安田生命J2リーグ第3節徳島戦で、やっとの思いで今季初勝利。この試合で獅子奮迅の活躍を見せたのが、三門雄大(写真)だった。

「選手はみんな『去年の悔しい思い』と言いますけど、開幕2戦を見たらその思いが本当にあるのかと、サポーターの皆さんは感じたのではないかと思う」
ベンチ外から見ていた鬱憤を晴らすかのように、今季初出場となった徳島戦では大奮闘を見せた。相手の攻撃を阻み、ボールを奪い、次の攻撃への第一歩になり続けるその姿は、まさに闘将。決勝点こそダヴィッド バブンスキーのスーパーゴールではあったが、三門の戦う姿勢がチームに波及し、今季初勝利をもぎ取る結果につながったことは間違いない。

しかし、連勝を狙った前節の山形戦は0-1で敗れた。スコアこそペナルティキックによる最少失点ではあったものの、試合内容は低調に終わった。徳島戦とは打って変わって孤軍奮闘の感が目立った三門は、問題を指摘した。
「ラインを割りそうなボールでも、まだ割ってないんだったら追いかけるのは当たり前。山形はその当たり前のことをやってきたし、僕らはそれを受けて立ってしまったというか、ちょっとしたミスで下を向いてしまっていた。うまくいかないんだったら何かを起こさなくちゃいけないし、それをはね返すようなメンタリティがなかった」
かつて何年もJ1残留争いを続けていた当時から、まったく変わっていない心の弱さ。瀬戸際に立たされてやっと力を発揮するのでは、遅いのだ。

次節は、開幕から4戦負けなしの水戸をホームに迎える。ここを叩くことができないのであれば、目標達成などただの夢物語に終わってしまう。
「うまくいかなくても勝たなきゃいけない。シュートがたった1本でも、相手のオウンゴールでもいいからとにかく勝つんだと、それぐらいの強い気持ちで入っていかないといけない。全員で体を張って泥だらけになってひたむきに戦うことが、勝利に一番近づく方法だと僕は思う。格好悪くても無様でも勝ちにいきたい」

背番号7はこれまで同様、いや、これまで以上の強い気持ちで闘う意気込みを見せた。もちろん、彼一人だけでは難しい。チームとして闘える集団へと変貌を遂げられるか。水戸戦は、序盤にして大きなポイントになりそうな試合となる。

文:土地将靖(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
3月23日(土)14:00KO NACK
大宮アルディージャ vs 水戸ホーリーホック
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報