【山形 vs 琉球】 ウォーミングアップコラム:坂元達裕、ゴールへ真っ直ぐ。

2019年3月23日(土)


「サッカーに関してはおとなしくなく、熱く、負けず嫌いなところがある」
「ドリブルが得意で打開する自信はある」
東洋大学から加入したルーキーには、こと、サッカーに関しては譲れないものがある。強気なプレーにも、それは表れている。

そんな坂元達裕(写真)が前節、初めてホームゲームでのプレーを体験した。大宮に1-0の勝利で終えたその試合後のコメント。
「鳥肌が立ちました。今日のような雰囲気の中でプレーできるのは幸せなこと」
勝負の時間が終われば、初々しさ全開だ。

開幕戦からベンチ入り。途中出場してプロデビューを果たすと、第2節からは先発での出場を続けている。けっして手薄なわけではないシャドーのポジションで抜擢されている理由は、ゴールに直結する、相手にとって怖い動き出しができること。第2節・横浜FC戦では、中村駿の縦の浮き球に飛び出し、胸トラップからそのまま左足を振った。第3節・町田戦では、本田拓也が「このへんかな」とアバウトな感覚でスペースに入れたボールにいち早く反応し、プロ初ゴールを奪っている。

坂元の先発出場以降、チームも連勝を続けている。プロキャリアとしては順調な滑り出したが、自分の立ち位置をシビアに見る眼は失われていない。
「毎試合毎試合、何か爪痕を残さないと生き残っていけないということは自分のなかでもわかっているので、常に監督の目に留まるプレーであったり、観客を沸かせるプレーをするというのは何としてもやらなきゃいけないと思います」

山形はホーム連戦。今節もNDスタでの試合がある。2回目のホームゲーム。もう鳥肌はなさそうかと尋ねると、柔和な笑顔でこう答えた。
「たぶん立つと思います(笑)。本当にむちゃくちゃ楽しかったので。また次もあのなかで結果を残せるように頑張りたいと思います」

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
3月24日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs FC琉球
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

移籍情報