J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【岩手 vs 秋田】 ウォーミングアップコラム:攻撃力も光る左利きのCB深井脩平。”儀式”を経て古巣との特別な一戦に臨む

2019年3月23日(土)


今季新加入のCB深井脩平(写真)が早速大きな仕事をやってのけた。

前節のアウェイF東23戦、CKからの豪快なヘディングシュートで決勝点をマーク。守っては完封に大きく貢献し、チームとしても個人としても非常にポジティブなゲームとなった。

深井は秋田がJ3優勝を果たした2017シーズンは主力として最終ラインを支えたものの、昨季はほとんど出番を勝ち取れず。岩手を新天地に選び、「今季は攻撃の部分でも貢献したい」と移籍当初から話していた背番号22。前節の高い打点から鋭角に叩きつけたヘディングシュートには、昨季の鬱屈した気持ちを晴らさんとする気概と勢いが込められていたようにすら感じられた。

その深井にとって、特別な意味を持つのが今節行われる秋田とのホーム開幕戦だ。

「本当に楽しみで少しの緊張もありますが、ホーム開幕戦なので岩手のサポーターに勝利を届けたい。秋田のサポーターにも成長した姿をみせられればと思っています」

特に意識する選手にはCBの千田海人選手の名を挙げた。
「千田くんとはセットプレーでマッチアップする可能性もあるので、絶対負けたくない。お互いよく知っている仲なのでその上で相手にどう勝つか。楽しみですね」

そう話す深井はプロになって以降、試合当日の食事や移動の時間を分単位で決め、スパイクだけでなく移動用のシューズや靴下なども試合用のものを身に着けることをルーティンとしてきた。几帳面な性格ではないが、そのルーティンをすることで自然とスイッチが入り集中が高まるのだという。秋田戦の前もお決まりの「儀式」を経て、最高の心身で試合に臨む。

秋田はここまで未勝利ということもあり、立ち上がりからアクセル全開で圧力をかけてくる展開も想像に難くない。その勢いを逆手にとり、得意の縦につけるパスやフィードでチャンスをつくり、セットプレーでは果敢に得点を狙いたい。ここまで安定したパフォーマンスで輝きをみせるレフティーが岩手を連勝に導く。

文:高橋拓磨<cross Line>(岩手担当)


明治安田生命J3リーグ 第3節
3月24日(日)13:00KO いわスタ
いわてグルージャ盛岡 vs ブラウブリッツ秋田
いわぎんスタジアム(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.3)
  一覧