【北九州 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:守護神・高橋拓也が描く、未来への成長軌道

2019年3月30日(土)


3連勝で首位に立つ北九州。GK高橋拓也(写真)はファインセーブを続け、3戦ともにクリーンシートに抑えてきた。「個人的に取り組んでいることの成果が出ているし、ディフェンスラインとGKで失点をしないで切り抜けられている」。手応えを得る開幕ダッシュとなった。

昨季の失点シーンを上杉哲平GKコーチに分析してもらい、ポジショニングを中心に修正。「去年はスペースを守ることが多かったが、今年はよりゴールを守ることにウエイトを置いたポジション取りをしている」と細かく調整を重ねてきた。顔ぶれが大きく変わったDF陣とも息を合わせ、「連係での問題はなく、公式戦をやってみても本当に練習通りできている」と上々の仕上がりだ。

むろん、連戦スタートにも緩みはない。ミクスタに迎える相模原は長身選手が多く、今後もフィジカルを武器にしたり、ベテラン選手がゲームメイクしたりする相手との対戦が増えていく。高橋は「(北九州は)若い選手が多いので勢いを持って臨めるが、ここからが本当の勝負になる。しっかり勝ち続けられればいい状態で(勝負所の)夏場を迎えられる」と展望。勝っている時期こそ、積極的なサッカーが必要だと力を込めた。

「3連勝している中でホームで戦える。よりアグレッシブに戦える条件は揃っている。連勝をプレッシャーに感じることなく、もっとアグレッシブにチャレンジしたい。それができれば、さらにレベルアップしたサッカーが見せられる」

今節への意気込みをそう語った上で、高橋はより遠くを見据え、生まれ変わろうとする北九州への純粋な思いを明かした。

「(出身地を)北九州に書き換えることはできないが、僕はギラヴァンツ北九州を自分の家のように思っている。その気持ちは負けたくはない。今年は未来に向かっての第一歩目のような位置付けだと思う。北九州のためにその一歩目を踏み、バトンを繋ぐ。そういう役割もしていきたい」

神奈川県出身で、北九州で3年目のシーズンを送る高橋。振り返れば苦しい時期もあったが、郷里から何百キロと離れたこの地が特別な場所になってきている。同郷の内藤洋平が「#もろびとこぞりてミクスタへ」のハッシュタグで来場を呼び掛けるなど、地元出身ではなくとも北九州に愛着を抱く選手は多い。ただ、「外から来た選手」(高橋)がホームタウンへの気持ちを伝えるのは意外にも難しいのが実情だ。

しかし、ホームタウンを文字通り「自分の家」のように思うハートは、出身地がどこであるかに左右されるものではない。思いが募るほど、北九州を背負う者としての責任が力を与えてくれる。「チームがいいときも悪いときも失点はしない。それが仕事。一試合一試合、結果を積み重ねていく」――。高橋は胸のエンブレムをぽんと叩き、サポーターの声援に手を合わせる。北九州のために、日々が勝負。毎試合が未来への礎。プロフィールの「出身地」に北九州市を上書きすることはできないが、心ひとつ、チームの進路に光を当ててみせる。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第4節
3月31日(日)14:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs SC相模原
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (5.0)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報