【松本 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:ダミアンではなくペレイラ。『松本のレアンドロ』は準備万端!

2019年3月30日(土)


レアンドロ ペレイラ(写真)が日本で初めて踏みしめたピッチは、残念ながら本拠地の芝ではなかった。それでも待ちに待った公式戦出場には、感慨もひとしおだったに違いない。“デビュー戦”のルヴァンカップ第2節・G大阪戦は残念ながら敗戦したが、個人的に今後への手ごたえを掴んだことは、「日本に来て初めての公式戦ということで、自分にとっては大きな第一歩になりました」という本人の言葉からも明らかだ。

2度目のトップカテゴリーに挑む松本にとって、この舞台に生き残るためには得点源の存在が不可欠。そこで昨季のブラジル1部リーグで活躍したL・ペレイラに白羽の矢が立った。190センチの長身を活かした、サイドからのクロスに合わせる動きを得意とする大型ストライカー。クラブの期待値も高く、背中のエースナンバーは、その証だろう。

しかし開幕直前に腰痛を患い、出遅れることに。焦りが去来するのは当然だったが、はやる気持ちを抑えて回復に専念した。「試合に出たいという気持ちは強かったのですが、落ち着いて腰を治すことにしました。今はコンディションも100%に近い状態まで上がってきています」と、まずは軽症だったことに安堵の表情を浮かべる。

『公式戦出場』という第一歩を踏み出したL・ペレイラにとって、次なる一歩は『リーグ戦出場』『サンプロアルウィンのピッチに立つ』ことだろう。J1連覇中の川崎Fと相対する今節は、その意味でも最高の舞台といえる。川崎Fには同じくブラジルからやってきた大型ストライカーのレアンドロ ダミアンがいるが、実は「彼がインテルナシオナルでプレーしていた頃からの友人」という縁がある。だからこそL・ダミアンの活躍は祈るが、この試合を譲る気持ちは全くない。

「2週間、必ず川崎F戦に出るという思いで練習してきました。この試合で、『松本のレアンドロ』と呼んでもらえるように頑張ります」

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第5節
3月31日(日)14:00KO サンアル
松本山雅FC vs 川崎フロンターレ
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集