【大宮 vs 岡山】 ウォーミングアップコラム:毎試合が決勝戦――決死の覚悟で臨む茨田陽生が導く大宮右サイドの流動性

2019年4月2日(火)



なかなか結果を出せずに黒星が先行し、もがいていた大宮。だが、少しずつではあるが試合内容は向上し、前節の長崎戦では今季2勝目を挙げた。ぶれずに取り組み続けてきたことが徐々に成果として表れつつある。

その中でも、右サイドからの攻撃は今のチームの大きな武器の一つとなっている。右アウトサイドの奥井諒の突破力に、大山啓輔がボランチの位置から機を見て飛び出し、厚みを加える。水戸戦では右からのアタックで何度となくチャンスを演出、また、長崎戦の前半は右から押し込んだことで相手の左サイドをほぼ無力化させた。こうした攻撃を操るかのように位置を取り、ボールを動かしていくのが茨田陽生(写真)だ。

「お互いの動きや距離感は良く見てますね。イーニョ(奥井)くんがどのタイミングで上がってくるのか、啓輔がどのタイミングで裏を狙っているのか、常に見ながらプレーしています」

開幕戦では先発メンバーとしてプレーしたものの、続く琉球戦ではベンチを温め、その後の2試合はメンバー外の憂き目を見た。大きな危機感の中で、次の機会を待ち続けた。
「ぬるいプレーをしたらベンチどころかベンチ外もあるよ、そういうことだと自分の中ではとらえています。1試合1試合が決勝戦というモチベーションで挑めればいいプレーを出せる、先発であり続けられると思うので、そう意識しながらプレーしています」

あとは結果。右サイドから何度もチャンスを作りながら、その流れではまだ得点は決まっていない。
「その形で得点が取れればチームは上向きになるだろうし自信にもなる。もっとゴール前に顔を出して、マークを引きつけるなり自分がチャンスを物にするなり、そういうシーンを増やさないといけないと思います」

今季初のミッドウイーク開催で、メンバー選考は流動的だが、チームの戦いは統一されてきている。ホーム初勝利、そして今季初の連勝を、自身のシーズン初ゴールで飾るつもりだ。

文:土地将靖(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第7節
4月3日(水)19:00KO NACK
大宮アルディージャ vs ファジアーノ岡山
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報