【長野 vs 岩手】 ウォーミングアップコラム:今季初勝利を目指して、浦上仁騎は“雑草魂”を胸に戦う!

2019年4月5日(金)



今季の長野は、ここまでセンターバック3枚によるディフェンスラインを形成しているが、その中央に配置されているのがルーキーの浦上仁騎(写真)だ。対人守備だけではなく、ラインの押し上げやコーチングなども問われる中での抜擢ともいえ、横山雄次監督がかける期待も大きい。

チームへの加入が正式に発表されたのは、リーグ開幕戦の9日前のこと。中高は大宮のアカデミーで過ごし、その後は東洋大へと進学する。プロ選手を目指して4年間で心身を鍛え上げると、長野には練習生としてキャンプに参加。その場でのアピールが叶って、開幕を目前に控えた時期に長野入りを決めた。
それで話は終わらない。熊本とのリーグ開幕戦で、いきなりの先発起用。2失点はしたものの、原一樹や三島康平など実績あるストライカーとのマッチアップについては、「原選手の動き出しや三島選手の空中戦の強さには苦しめられましたが、自分としてはしっかり闘えたかなと思う」と手ごたえも感じている。

177センチと、センターバックとしては決して大きくない。それでもフィジカルとメンタルの強さには自信があり、どんなフォワードが相手であっても負けるつもりはない。今節の対戦相手の岩手には、やはりフィジカルを武器にする菊池将太がいる。昨年まで『フィジカル革命』を掲げる、いわきFCでプレーしてきたこともあり、体の強さは本物だ。それでも浦上が臆することはない。
「相手FWとマッチアップすることが多いので、負けたくないですし、絶対に負けてはいけないと思っています。次も試合に出ることが出来れば、相手FWを抑えたい」
胸に誓うは、“雑草魂”。強い覚悟と責任を持って、今季初勝利のために戦う。

文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第5節
4月6日(土)14:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs いわてグルージャ盛岡
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.6)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報