【湘南 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:ゴールと、黒衣のごとき働きと――菊地俊介

2019年4月5日(金)


集中したいいゲームだったと、菊地俊介(写真)は口にした。3-1で勝利を収めた前節の清水戦の話である。

「セカンドボールやゴール前で体を張るところは勝負の肝だと思っていた。勝点3を取ったことはもちろんですけど、局面のバトルでみんなが闘っていたし、湘南らしい試合ができたことがいちばんだと思います」

球際や競り合いがたくましい。副将が振り返ったとおり、彼らはらしく力強くゲームの流れを手繰り寄せた。奪ってからの加速も鋭く、そうして手にしたセットプレーでゴールをこじ開けた。

先制点は菊地の今季初ゴールが導いた。松田天馬のコーナーキックに息を合わせたのだ。

「練習した形。天馬のボールも自分の思っていたところに来たので、枠に入るよう思いっきり振りにいきました」

非凡な得点力を備える一方で、ボランチで出場したこの日は、攻撃よりも守備に重点を置いていたという。果たして菊地はセカンドボールのケアを弛まず、球際を制し、マイボールにすればシンプルなタッチで攻撃の加速を促した。ゴールで魅せるその裏で、黒衣のごとく中盤を支えたのだった。

今節の磐田戦もチームとしてやるべきは変わらない。

「セカンドボールで主導権を握れるかどうかは毎試合ポイントですし、ボールホルダーにしっかりプレッシャーをかけることと、奪ったあとにいかにチャンスをつくれるか。シンプルにプレーしたりボールを運んだり、小さいことですけどそういうところが大事だと思います」

ボランチにシャドーにと、担えるポジションは幅広い。豊かな走力を備える湘南のダイナモは、ゲームを通して攻守に係わり、シンプルなプレーでチームを勝利へと加速さす。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第6節
4月6日(土)16:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs ジュビロ磐田
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.9)