【松本 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:守備の安定と、勝利への貢献。今井智基は高みを見据える

2019年4月5日(金)


川崎Fに0-2で敗れた前節は、あらためてトップカテゴリーの厳しさを痛感させられた一戦となった。ボールを支配される時間が長かったことは想定内だったが、ボールを奪ったとしても、すぐに奪い返されてしまう。反撃の糸口を見つけられないまま追加点を許し、そのまま試合を動かせないまま試合終了の笛の音を聞いた。

それでも今井智基(写真)は悔しさを糧に、「またアウェイで戦うチャンスがあるので、その時は違う姿を見せられるようにしないといけないと思っています」と気持ちを切り替えている。今節・神戸戦からルヴァンカップも含めると3連戦という過密日程になるが、「どの試合でチャンスを貰うとしてもトレーニングからアピールして、チームの勝利に貢献できるようにしないといけない」と毎日の練習から自らを追い込んでいくのが、これまでと変わることのないルーティンだ。

今週末の松本は、サンプロアルウィンに神戸を迎える。アンドレス イニエスタやルーカス ポドルスキなど名のあるクラッキが来襲するが、その中にあって独自のキャリアを築いてきたのが古橋亨梧。その突破力と運動量を武器に、他選手との違いを生み出すキーマンのひとりだ。この試合では、その古橋と今井がマッチアップする可能性もある。「大学の後輩ですし、個人的にも負けられない。スピード感もあってテクニカルで、非常に良い選手。もし自分と対面することがあれば、しっかり抑えられるように頑張りたい」

昨季途中に松本に加入した今井が求められる仕事は、センターバックとしての守備の安定。ここまでリーグ戦5試合を終えて、計5失点と守備面に関しては決して悪くない数字が残っているが、「自分たちは守備のチーム。もっと無失点で抑えられる試合を増やして、『1試合1.0失点以下』を達成したい」とチームとしても個人としても高みを見据えている。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第6節
4月6日(土)19:00KO サンアル
松本山雅FC vs ヴィッセル神戸
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報