【愛媛 vs 岐阜】 ウォーミングアップコラム:3連敗の現状に西岡大輝が警鐘「良いサッカーができていることに安心している」

2019年4月6日(土)


愛媛は現在3連敗中。この苦しい状況に強い危機感を抱き、チームに警鐘を鳴らすのは西岡大輝(写真)だ。

愛媛は前節、ホームでの横浜FC戦で試合を通じて主導権を握り、多くのチャンスを作り出しながら、相手の数少ないチャンスで失点を喫して苦杯をなめた。それは、ワンチャンスに沈んだ第5節・長崎戦の“デジャヴ”のようだった。

「勝ちきれないと話にならない。全パワーを試合に注いでいるつもりでも、チームとしての未熟さを感じる。負けるべくして負けた。僕は厳しい目で見て、そう思っている。僕たちは本気でプレーオフにいく力を持っていると思うし、相手に何もやらせないくらいの試合はできているけど、それでも結果がついてこないのは、やはりまだ脆さがあるから」

今季の愛媛は、守備が安定し、攻撃のアクションも多く、組織としてもスムーズに機能している印象が強い。しかし、それらが思うように結果に結びついていないことを考えれば、肝心の攻守両局面での勝負弱さは否定しようがない。ならば攻守局面での練習を積めば解消される問題なのか。西岡はこれを否定する。

「強いチームは良いときに点を取って、悪いときにしっかり耐える。昨季に4連勝をしたときは内容が悪くても、強い危機感があったから最後のところであと一歩が出た。でも、いまは良いサッカーができていることに安心しているところを感じる。それがスキになって負けて、『俺らは悪くない。内容は良い』と。僕はその気持ちが一番危ないと思っている。やるべきことやベースを変えちゃダメだけど、気持ちの面でもうひとつ感情を出しても良いんじゃないかなと感じる」

西岡の言葉が的を射ているとすれば、いまの愛媛にとって最も大きな敵は、内なる部分に潜む慢心と言っても過言ではない。

「3連敗したあとで勝利を掴むにはすごくパワーがいる。個人ではなく、チームベースで意識を変えていくことが、3連敗を脱する方法だと思っている」

中3日の準備期間で愛媛は真の戦える集団になれるのか。7日のホーム岐阜戦でその真価が問われる。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第8節
4月7日(日)13:00KO ニンスタ
愛媛FC vs FC岐阜
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.9)
アクセス (1.9)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.5)