【水戸 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:黒川淳史「FWとしてプレーする意味」

2019年4月6日(土)


昨季右MFでプレーした黒川淳史(写真)だったが、今季はFWでのプレーが続いている。それは自ら懇願したものだった。

「元々僕はトップ下でプレーしていたので、真ん中でプレーしたいという思いを伝えました」

開幕から7試合負けなしで2位につける水戸。好調の要因は7戦でわずか2失点の堅守にある。前線から連動してプレスをかけて、高い位置でのボール奪取を繰り返して勢いのある攻撃でゴールに迫っていく。先頭に立って守備のスイッチを入れるのが黒川の役割だ。昨季は右MFとして行っていた役割をFWとして行うようになっている。それにより、2列目以降が2ブロックを整えながら守備をすることができており、昨季以上の堅守を生み出している。

さらに、ボールを奪った後、水戸は流動的な攻撃を繰り出す。黒川は木村祐志、茂木駿佑ら2列目の選手たちと状況によって立ち位置を変えながら相手の守備組織を崩していく。「流れの中で動きを変えながらプレーしています。分析しても僕らの攻撃を止められないと思いますよ」と黒川が語る、変幻自在の攻撃も水戸の強みである。第1節岡山戦と第5節大宮戦以外はシュート数で相手を上回り、どの試合でも多くのチャンスを作り出している。攻守において躍動感あふれるサッカーを見せる水戸。黒川はその中心にいる。

ただ、7節終了して、ゴールは0。FWとしては寂しい数字と言わざるを得ない。シーズン前から「結果にこだわる」と意気込んでいただけにこの結果に納得してはいない。ただ、ゴールを決められない現状に対して悲観的になっているわけではない。「チャンスには絡めているし、試合ごとにチャンスが増えている。そこをポジティブに捉えています」。状況に左右されず、常に自らと向き合い、前進していく。だからこそ、毎試合攻守において高いパフォーマンスを見せることができているのだろう。

サッカーの神様がいるのならば、“チームのために”プレーし続ける黒川にそろそろ「結果」というご褒美を与えるのではないだろうか。それが今節であっても、なんら不思議ではない。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第8節
4月7日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs 徳島ヴォルティス
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報