【F東23 vs 八戸】 ウォーミングアップコラム:不断の努力を続けるFC東京U−23 FW原大智「僕は、周りが想像さえしないところを見ている」

2019年4月12日(金)


未来を見据えて不断の努力を続ける、プロ2年目のストライカーがいる。FC東京のFW原大智(写真)の朝は早い。練習前に、小平グラウンドにやってきて一人で汗を流す。さらに、全体練習後には居残りでシュート練習を行い、ゴールの感覚を磨き続けている。それが、7日のG大阪U-23との一戦で実り、今季J3で初ゴールを挙げた。

「今は、サッカーのレベルを上げたいし、成長を楽しんでいるところ。常に同じモチベーションで時を重ねられていると思う」

そう語る原が、トレーニングに没頭するのは「もっともっとできるんじゃないか」という思いがあるから。できること、やれることを探し、それに時間を費やす。「だから、一日がもっと長ければいいと思う。もっと省けることがあるんじゃないかって思うし、考えられるベストを尽くしたい」。そこまでできるのは、「応援してくれる家族や、支えてくれる人たちのため」だと口にする。

プロ1年目の昨季は、気づけば「あっという間に過ぎてしまった」。だからこそ、「将来の夢があるのに、このままだと、そこまであっという間に時間が過ぎてしまうと思った。それなら一日、一日、一試合、一試合をもっと大事にしたいと思った」

「サッカーがうまくなりたい」

その一念が、原動力だ。ただし、「試合前に(練習を)やりすぎるのはダメなんですよね」と、苦笑いする。課題は「挙げればキリがない」。だけど、それだけ伸びしろがあると信じて、走り、飛び、ボールを蹴り続ける。

「動き直しだったり、裏に抜けていくことだったり、細かいクロスの入り方だったり、テツさん(長澤徹)やユキさん(佐藤由紀彦)は、サッカーのいろんな見方を与えてくれる。そのアドバイスを意識して、それを試合でどんどん試したい」

トップチームで定位置を奪うためには、幾つも高いハードルが存在する。「こういう立場だけど、腐らずにやって最後に笑えればいい」。13日は、2試合連続ゴールと、今季J3初勝利を懸けて、FC東京U−23の一員として西が丘のピッチに立つ。

「僕は、周りの人が想像さえしていないところを見ている」

来月5日に、二十歳となる。若きストライカーの目指す場所への道程はまだまだ長い。迷わず駆け上がる。そのための準備を、原は怠らない。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第6節
4月13日(土)14:00KO 味フィ西
FC東京U−23 vs ヴァンラーレ八戸
味の素フィールド西が丘(FC東京U−23)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.4)
グルメ (2.1)
アウェイお楽しみ (2.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集