【金沢 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:若いチームを支えるキャプテン・廣井友信。完封、統率、そしてメモリアルゴール

2019年4月20日(土)


「試合に出ればやれる自信はあった」。昨シーズン、廣井友信(写真)に出場機会はなかなか巡ってこなかった。金沢に来て4年目。出場試合数は在籍4年間で最も少ない6だった。

それでも、今年の1月に34歳を迎えたベテランは今季開幕からスタメンを奪う。ここまで8試合出場2得点。「開幕から出ることを一つの目標にしていた。オフシーズンから準備してきたものがうまく出せている」。その存在は若い選手が多いチームに間違いなく好影響を与えている。廣井の隣でプレーする23歳の山本義道は言う。「(第4節の)町田戦の最初のプレーでミスをした。その後もミスを引きずっていたが、ヒロくん(廣井)に『(試合中に)一喜一憂するのはダメだ』とアドバイスをもらった」

廣井に代わって第7節・鹿児島戦で先発出場した18歳の石尾崚雅は言う。「(金沢のマンツーマンディフェンスについて)わかっているところとわかってないところがまだある。練習中とかにヒロくんに聞いてやっている」

もちろん、廣井を起用し続ける柳下正明監督も言う。「コーチングもできるし、コンディションも良好だし、非常にいい状態。去年と比べると動きが明らかにいい」

連勝、完封が止まって迎える柏戦。廣井に求められるのは第一に守備の安定そしてチームの統率だが、もう一つ期待したいことがある。それはゴール。去年までプロ通算2得点だった男が、今年はすでに2得点。セットプレーで少し変えたところが功を奏していると言うが、詳しくは「秘密」だ。クラブとしてJ2通算200ゴールまであと2。そのメモリアルゴールをチーム最年長であるキャプテン、そしてJ2・1年目の快進撃、2年目の苦しい戦い、そして柳下体制での積み上げ、そのすべて経験してきた男が決めたとしても不思議ではない。

文:村田亘(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
4月21日(日)14:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 柏レイソル
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (2.8)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報