【C大阪 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:“痒い所に手が届く”プレーができる奥埜博亮が潤滑油となり、チームを勝利に導く

2019年4月23日(火)


JリーグYBCルヴァンカップCグループの前節、C大阪は名古屋に3-0と快勝し、今季のルヴァンカップ初勝利を挙げた。今節の神戸戦は、結果次第ではグループ首位にも立てる重要な一戦だ。

そういった試合を前に、「チームとしてやろうとしていることを表現することに加えて、出る選手の個性を上積みしていければいいかなと思います」と話したのは奥埜博亮(写真)

その言葉の意味をもう少し探ると、「毎回、対戦相手に合わせた練習をやっていますが、試合の中では想定以外の状況も生まれてきます。いろんなパターンの練習はしていますが、時には1対1で負けないことが重要になる局面もあります。そういうところでもしっかり対応していきたい」と状況に応じて臨機応変に対応することの重要性を語る。

現在、C大阪はリーグ戦では8試合で5得点と得点力不足に喘いでいるが、そういった攻撃についても、チームとして狙いとしているプレーを表現することを前提に、選手同士での判断、意思の疎通を図ることが大切だと話す。

「練習から監督やコーチからいろんなアイディアをもらっている中で、試合の中での、その時々の判断は、ボールを持っている選手やパスを受ける選手。その場面で一番いい選択をすることで、チャンスは増えていくと思う。出ている選手を生かし合っていくことが大事で、選手同士がコミュニケーションを取っていくことが大切」

周りをよく見て、攻守において、しっかりとサポートに入ることができる、いわゆる“痒い所に手が届く”プレーができる彼が潤滑油となり、チームを勝利に導けるか。

文:小田尚史(C大阪担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第4節
4月24日(水)19:30KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.4)