【鹿児島 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:令和は結果で魅せる! 新時代砂森和也の決意

2019年5月3日(金)


「和って字に触れられなさすぎて“びっくりしました”」
新元号“令和”の漢字を名に持つ選手が鹿児島には二人いる。一人はJリーガーで唯一の“令”が名前に含まれる米澤令衣、そしてもう一人が今日の主役砂森和也(写真)だ。元号発表の後すぐに米澤のコメントがチームから発表された事に対し「絶対“和”を忘れてたんですよ!!」と笑いながら反撃する。「でも“令”と“和”がチームに揃ったということはすごいと思います」と嬉しそうだった。

名前の由来は「協調性のある和やかな人に育ってほしい」という想いで名付けられた。その名の通り砂森は加入してすぐにチームの中心的存在となる。その明るいキャラクターと和やかな人柄でチームメイトの信頼も厚い。今シーズンは開幕からスタメンとして活躍を続ける鹿児島ユナイテッドFCに欠かせない選手の一人だ。

「新しい時代となった今、置いていかれないようにしたいです」と笑いながら語る。「時代は追っていかないといけないし、自分も常にアップデートしていかなければいけない。」個人としてはもちろんだが令和元年でありJ2元年でもあるこの2019年は鹿児島にとって重要な一年になる。

令和の時代は「楽しいニュースが多いといいですね」と砂森は語る。鹿児島の明るいニュースは自分達がその発信源にならないといけない、と考えているのだ。悲しいニュースではなく嬉しいニュースを自分達で作っていきたい。試合結果で、勝利でサポーターに喜んで欲しい。「鹿児島を常に明るくしていきたいんです!!」。和やかな、そして真っ直ぐな眼差しで鹿児島の未来を見つめていた。

「時代がきたね!と言われるのですがそれは結果で示したい。僕のアシストから米澤令衣のゴール。見せたいですね」。今節柏を迎えてのホームゲーム。砂森米澤コンビでの令和ゴールにも期待したい。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月4日(土)13:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs 柏レイソル
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報