【松本 vs C大阪】 ウォーミングアップコラム:前田大然、シュート0本からの“リスタート”

2019年5月3日(金)


まさしく前田大然(写真)らしさの溢れるゴールだった。サンプロアルウィンで行われたJ1第8節・鳥栖戦で飛び出した“今季第1号”は、鳥栖DFを一瞬の加速で抜き去り、左足でゴールネットを揺らしてのモノ。待ち望んでいたJ1初得点には、熱い声援を送るサポーターの誰もが溜飲を下げたことだろう。

しかし、2戦連発が期待された前節・FC東京戦では、首位チームの分厚い壁にはね返された。開始直後から好機は少なく、61分に退くまでシュート0本という悔しい結果に終わった。「どこと対戦するにしてもボールを持たれることは分かっている。いかに前半の時間に失点しないかが大事だったが、FC東京さんは他のチームよりも当たり前のことを当たり前にやることがしっかりしているチームだった」。
そのうえで敗戦のショックに打ちひしがれるのではなく、「このまま終わらせてしまったら上にはいけない。出来なかったことは分かったので、それを今後の試合に活かさないといけない」と気持ちは切り替えた。次なるC大阪戦に向けて、すでにリスタートしている。

大阪出身の前田にとって、C大阪は身近にあった地元チームだ。何しろ「大阪にいるときは長居まで行って、C大阪の試合を見に行きました。小さいときにはC大阪のスクールにも入っていた」というから縁は深い。ただし「大阪ダービーではG大阪のほうを応援していました」と本気とも冗談ともつかない発言も聞かれた。

かねてから親交のある同世代の岸本武流(現・徳島)との対決がないことは残念なはずだが、かつて長居のスタンドから一挙手一投足を追っていた柿谷曜一朗は健在だ。安定した守備を売りとする両チームだけに、普段以上に1点が大きな価値を持つ試合展開となることが予想され、得点を欲するアタッカーの活躍が勝敗を分けるカギとなるだろう。その1点を取るのは、果たして伝統あるC大阪の背番号8なのか、それとも春秋に富む松本の背番号7なのか――。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第10節
5月4日(土)14:00KO サンアル
松本山雅FC vs セレッソ大阪
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

移籍情報