【G大阪 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:ルヴァンカップで移籍後初ゴール。田中達也は「自分ができることをしっかりやる」ことでチームの力になる

2019年5月3日(金)


移籍後初ゴールは、YBCルヴァンカップ・グループステージ4節のジュビロ磐田戦だ。左サイドMFとしてスタメンを飾った田中達也(写真)は1−0とリードを奪って迎えた12分。待望の瞬間を迎えた。この日、ボランチを預かっていた、矢島慎也からの絶妙なスルーパスに反応すると、ドリブルで迷わず仕掛けゴールを陥れた。
「慎也は練習中から僕の背後への飛び出しを見ていてくれていたし、本当にいいボールを蹴れる選手。今日も慎也からのボールで抜け出せるシーンがたくさんあったので、慎也にボールが入ったら、彼を信じて背後に走ろうと思っていた。その関係性の中で結果を出せて良かった。移籍して結果を出すまではキツい時間もあったので嬉しいのと、ホッとしたのと両方の気持ちがあります」

実はこの一戦の4日前に戦った大分トリニータ戦で、J1リーグ戦では今季の初先発を飾り、3-5-2の右ウイングバックを預かっていたが、チームの戦略から守備に回る時間が長く、持ち前の攻撃力は鳴りを潜めた。しかも前半で交代--。システムを4-4-2に戻したことも理由だが、試合後は厳しい表情で語っていた。
「監督から背後のスペースを見てくれ、と言われていた。個人的にはうまく攻撃を仕掛けられそうな感じもあったので、もっと攻撃をしたかったというのが本音ですが、監督の戦術があってのチームなので納得してやっていました」

「チームあっての自分」という言葉が物語るように、これは自身が背負った役割に不服を唱えているわけでは決してない。ただ、その役割に徹しながらも前半は失点を食らったこと、ほとんど攻撃チャンスを見出せなかったこと、結果的にチームとして勝利をあげられなかったことに悔しさを募らせた。その思いがあっただけに、磐田戦でのJ1初ゴール、勝利が嬉しかった。
「練習の中でできないことをできるようにする努力は大事ですが、試合ではできないことを無理に頑張るより、自分ができることをやろうと思っていた。そう割り切っていた中で、自分らしさも出せて、結果に繋がったのも良かった。あとはこれをリーグ戦につなげられるようにしたい。個人的にはまた自分の出番がきた時にできることをしっかりやりたいと思います」

その思いを持って臨んだ前節のベガルタ仙台戦は84分からピッチに立った。短い時間の中でもその胸の内をプレーで表現してみせたが、チームはアディショナルタイムに勝ち越しを許して敗戦を喫した。それでも彼の気持ちにブレはない。「自分ができることをしっかりやる」。それが自身の結果に、チームの勝利につながると信じて。

文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第10節
5月4日(土)16:00KO パナスタ
ガンバ大阪 vs FC東京
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報