【横浜FC vs 京都】 ウォーミングアップコラム:横浜FCで“プロ全ポジション出場”を成し遂げた松井大輔。思い出の京都から令和初ゴールを狙う。

2019年5月4日(土)


第2節のホーム山形戦、かつて京都や日本代表で“ファンタジスタ”と呼ばれ、ルマンでは“太陽”と呼ばれたアタッカーは、3バックの中央に立ちキックオフの笛を聞いた。「小学生のとき以来(笑)」、もちろん「プロではやったことのない」ポジション。CBとしては小柄な身体で相手FWと果敢に競り合い、巧みにボールを配球しながら最終ラインを押し上げた。さらに4バックにシステム変更した後半からは右サイドバックとしてプレー。試合後にタヴァレス監督は「彼は横浜FCで一番技術を持った選手であり、何よりサッカーの仕組みをよく理解している。どのポジションをやらせても、ポジションごとにどういう仕事をしなければいけないか理解している選手だ」と賛辞を送った。

第5節のホーム岐阜戦、松井大輔(写真)はダブルボランチの一角としてスタメン出場。ボランチは横浜FCに加入した昨季に主に使われたポジションだったが、前半途中に武田英二郎が負傷交代すると、武田の務めていた左ウイングバックに移動。「練習でもやってなかった(笑)」ポジションでボールの収めどころとなり、前線への好パスやサイドチェンジでチームのリズムを作ってみせた。

そして前節、アウェイ柏戦。80分に投入されるとトップ下に位置を取った。彼の最も得意とするポジション。レアンドロ ドミンゲスや松浦拓弥、佐藤謙介らとのパス交換で攻撃を活性化させる。84分には縦パスで攻撃のスイッチを入れ、最後はペナルティーエリア内でレアンドロのヒールパスから決定的なシュートを放った。柏守備陣の必死のクリアによってチームの平成最後のゴールとはならなかったが、ファンタジスタの往年の輝きはまだまだ色あせてはいない。

それにしても、横浜FCに来て以来、FWとGK以外はすべてのポジションをやったことになる。本人は「もう慣れました」と苦笑しながらも、「僕としては嬉しい。どのポジションでも考えてもらえる選手はなかなかいないし、この年齢で新しくサイドバックとかCBをやらせてもらえないですよね(笑)。どこでも自分らしさを出したいと思うし、そこで一瞬の楽しみとか、それはサッカー選手ならではのものだから」と、その状況を楽しんでいる。

ただ、普通の監督であれば、いくらサッカーを知っていて技術のある選手だからといって、そこまで大胆な起用はしないだろう。「ブラジルですごく貧しい家庭に育った」タヴァレス監督は、「家族を支えるためにプロサッカーの世界に入る必要があった」という。最初はフットサルのGKだった。その後サッカーに移って、「生きるために、家族に良い暮らしをさせてあげるために」できるポジションがあればどこでもやった。「選手はどこのポジションでもこなせないと生きていけない。自分は40年間プロサッカーの世界にいるが、いつもそういう選手が好きだし、そういう選手を使いたいと思ってきた」。選手に直接そう話したことはないというが、指揮官は松井の起用法にそのメッセージを込めているのかもしれない。

次節、ホームに京都を迎えて令和最初の試合。プロ20年目を迎え、ベテランの上に“大”を付けてもいい年齢となった松井だが、「おかげでいつも新鮮な気持ちでサッカーに取り組めている」。京都でプレーしたのはもう15年も前になるが、京都ではFWも経験しているため、「フィールドは全部やったことになりますね」と笑う。「思い出はあるし、京都に帰りたいという気持ちもちょっとある。京都の人たちに良いプレーを見せられればいいですね」。それがどこのポジションでも?そう尋ねると、往年のファンタジスタは言葉を選びながらこう答えた。

「サッカー選手としてずっと同じプレーを続けられるのはすごいこと。僕は続けられなかったけど、臨機応変に対応していく試合の中で、出るためには変化していくことが必要。それも自分のスタイルだなと思うし。いろんなものを吸収しながらこの歳までやってきて、また来年、再来年とできたら良いと思う。そういうところを見せられれば」

そもそも決して選手寿命の長くはないサッカーという競技で、37歳にしてあらゆるポジションをこなして試合に出続けることもある種のファンタジーかもしれない。昭和に生まれ、平成の思い出は「南アフリカのワールドカップ」。チームの平成最後のゴールは仕留め損ねた。「令和はチーム第一号を目指して、古巣からゴールを決めたいと思います」と、サッカー小僧の顔に戻って大ベテランは出番を待つ。

文:芥川和久(横浜FC担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月5日(日)14:00KO ニッパツ
横浜FC vs 京都サンガF.C.
ニッパツ三ツ沢球技場(横浜FC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (2.9)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報