【大分 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:試される庄司朋乃也の存在感、勝点3が必要な一戦において無失点は必至

2019年5月7日(火)



リーグ戦では3位と大健闘している大分は、YBCルヴァンカップグループステージでは最下位と苦しんでいる。これまでのカップ戦はリーグ戦と異なるメンバーで臨んでいるとはいえ、グループステージ突破のためには勝点3が必至だ。今節はリーグ戦から中3日のため大幅にメンバーが入れ替わることが予想される。片野坂知宏監督は、「勝点3にこだわる試合ができるか」をポイントに挙げ、選手に「自分とチームの成長を示してほしい」と伝えた。

勝点3を勝ち取るためには、まずは失点ゼロに抑えることが求められる。これまで4試合で7失点の守備陣において難しいミッションではあるが、最終ラインの真ん中で守備を統率する庄司朋乃也(写真)は、「手応えを感じている。失点さえしなければ点は取ってくれる。ゼロに抑えることが(自分自身の)アピールにもつながる」と、勝利とリーグ戦出場に向けての足がかりとしたいようだ。

今季、C大阪から期限付きで加入した187cmの大型DFは、各年代の代表を経験した有望な東京オリンピック世代のひとり。高さとスピードを備え、対人に強く、カバーリングにも長ける。ただ、新加入選手の誰もがフィットするまで時間を要する片野坂サッカーに順応しつつあるが、そこから持ち味を生かすまでには至っていない。

GKからビルドアップを構築するスタイルは未経験であり、「こういうサッカーをしたことがないので新鮮」と前向きに現状を捉えているが、メンバーが固定されつつある最終ラインにおいて先発の座を射留めるのは至難だ。それでもカップ戦での活躍が認められ、前節のリーグ10節で最終ラインの一角に抜擢されたルーキーの高畑奎汰の活躍は励みになる。「攻撃の時のポジショニングが決まれば余裕を持てる」と、打開の糸口となるわずかなズレを全員で連動して作る、定形なき形式のビルドアップの感覚をつかんだようだ。あとはどれだけ自分のエッセンスを加えることができるか。

勝負の行方とともに、個人のアピールの場となる今節は、チームにとっても、庄司にとっても重要な一戦となりそうだ。

文:柚野真也(大分担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第5節
5月8日(水)19:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs ヴィッセル神戸
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報