【山口 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:越えるべき試練の先へ。前貴之が輝かせるオレンジロード

2019年5月10日(金)


「求められるものは多いが、それにプレーで応えたい」。苦戦を強いられる山口にあって、後ろからゲームを作ろうと奮闘するのが右サイドバックの前貴之(写真)だ。

サイドバックという言葉を再定義しなければならないほど、前線にも逆サイドにも顔を出し、それでいてリスクを自分で背負えるハードワーカー。「偽サイドバック」とも言える前は、第8節長崎戦では内側のラインから背後に抜け、浅い角度から先制点を奪取。前節は得点こそ成らなかったが、左足でピンポイントのクロスを送り決定機を作った。

このように結果に絡む場面はあるものの、今年はサイドバックの従来の定位置から身振り手振りで指示を出す場面のほうが目立つ。チームも勝利からは遠ざかり、前は「去年のように左サイドに行くことはほぼないし、不完全燃焼という感じで、疲れよりもそのほうがしんどい」と胸の内を明かす。むろんそのもどかしさは、前自身だけでなく、見ているサポーターも感じ取っているだろう。

最近は味方のミスから崩れる試合が続き、全体的な重心が下がりがち。「自分たちのやろうとしているサッカーができていない。自分たちで守備に労力を使ってしまっているので、そこが一番、前線に厚みを出せない原因になっている」。危機感を抱き、技術の高い佐々木匠や三幸秀稔だけではなく、練習中から菊池流帆や小野原和哉などJリーグにまだ慣れていないルーキーにも声を掛ける。サイドバックの視座からチームのボトムアップに力を割くのは、今年の前に求められている役割の一つだ。

不完全燃焼に終わる試合は確かに多い。しかし、「サッカーIQが高いし、状況判断もいい」と前に信頼を寄せる霜田正浩監督は、今がさらなる成長の好機だと背中を押す。「まだまだあんなもんじゃないし、もっとできる。だから僕はタカには厳しく言っているし、タカに求めるハードルは下げてはいけない」。

山口が目指すのは欧州水準の戦術的なサッカー。それは前の志向するところでもあり、また霜田監督が言うように彼自身をステップアップさせるものでもある。前は指揮官の視線に自分のプレーを重ね、「去年、あれだけのプレーができての今年なので、個人としては求められるものも高いし、要求されることも多々ある。それにはプレーで応えないといけない」と顔を上げ、さらにこう続ける。「サイドバックでゲームを作ったり、みんなを動かすのは難しいが、でもどこかで一つ、試合中にゲームを変えられるような選手になりたい」。

誰もが見たいと願うのは、フリーハンドで描き出すゴールへのオレンジロード。ただ、今は試練の時。あることわざは艱難(かんなん)は汝を玉にするという。多くの苦難を乗り越えたとき、さらに立派な人間になるという意味だ。いかに道を描くべきか、頭を抱えながらも漸進する前にその権利はあろう。

今節は個の力に秀でる大宮を迎え撃つ。「理想で守るのではなく、現状を確認しながら全員で人数を掛けてでも守らないといけない」。従前のサイドバックとして耐える時間は長くなるが、それでも若い仲間を動かし、あるいはカバーし、本分をこなした先にいよいよ前貴之の本領が発揮される時間は訪れる。「頑張ります」と締めくくった表情に決意がにじんだ。数多の困難を打ち破り、成長と勝利に続くオレンジの道はこの脚で描き出す。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第13節
5月11日(土)16:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 大宮アルディージャ
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報