【山形 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:栗山直樹、着実に実をつけて。

2019年5月11日(土)


スコアは1-0。シャットアウトで勝点3を手にした前節・岡山戦でもっとも悔しい思いをしたのは、センターバックの栗山直樹(写真)かもしれない。

21分、コーナーキックのサインプレーから最後は中村駿が決め、これが決勝ゴールとなったが、チームの組み合わせの中でファーストシュートを任されていたのが栗山だった。坂元達裕が送ったグラウンダーはインスイングでペナルティーマーク付近に。しかし、フリーの栗山が放ったシュートはキーパー正面で跳ね返された。

「とりあえずふかさないで枠に入れようということだけ思って。あとからDAZN見たら結構右も左も空いていて、逆にあそこに蹴るほうが難しいなと」

悔やんでいるのは、自分に得点が付かなかったことではない。

「あれは僕のためにマサさん(大和田真史コーチ)が考えてくれて、みんな動いてくれて、うまくいくところでうまくいって。そこでコースを狙う余裕が僕の中ではなかった」

第8節・東京V戦でも三鬼海のフリーキックからドンピシャでヘディングを合わせゴールネットを揺らしている。このプレーではファウルがあったとしてゴールは認められなかったが、セットプレーでは頼れるターゲットであることは間違いない。

その頼もしさは、自陣ゴール前でも変わらない。セットプレー含め、サイドから入ってくるボールをことごとくはね返し、相手がフィニッシュ態勢に入れば確実にシュートコースを塞いでいる。そうしたピンチの場面を作らないように、その前段階でのラインコントロールやコーチングなど、状況を判断しロジカルにプレーを選択。12試合で無失点7試合、被シュート数リーグ最少のチームで大きな役割を担っている。

町田への半年の期限付き移籍を含む千葉での3シーズンでは、大きな怪我もあり出場はわずか7試合。山形への移籍後、確固としたレギュラーの座に就いたのは3年目の昨シーズンだった。まさに桃栗三年。

前節終了後は人生2度目のドーピング検査の対象となった。

「去年初めてやって、出ると思って出したら足りなくて(さらに時間がかかった)というパターンだった。今回は念には念を入れて我慢して、結果早く終わりました」

失敗やミスは次への成長の糧。時間はかかっても、自分で納得しながら着実に実をつけていくのが栗山流だ。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第13節
5月12日(日)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs ジェフユナイテッド千葉
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報