【柏 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:攻撃にアクセントを与えるガブリエルは、得点力不足解消の切り札となるか?

2019年5月11日(土)


第7節の長崎戦を最後に、柏は直近の5試合で4分1敗と結果が出ていない。不振の原因は、その5試合で挙げた得点はわずかに2という得点力不足にある。

ただ、試合内容を見れば多くのチャンスを作り、そこを決め切ってさえいれば2点差、3点差をつけて勝てたのではないかという試合ばかりだった。前節の鹿児島戦も、ネルシーニョ監督が「追加点を取れるタイミングで取りたかった。点を取れるタイミングで取れないと、流れが変わって相手に主導権を奪われてしまう。そういう流れのゲームだった」と振り返ったとおり、好機を逸したことが敗戦につながった。

この得点力不足を解消するキーマンとなり得るのが、今季から加入したガブリエル(写真)だ。同じく今季からの新加入、ヒシャルジソンが開幕直後からフィットしたのとは対照的に、ガブリエルはなかなか持ち味を発揮できていなかった。昨年まで柏の右サイドを蹂躙した伊東純也の後釜として活躍を期待されたが、そもそもガブリエルは伊東のような高速ドリブラーではなく、効果的なスペースを瞬時に見つけ、そこに顔を出してワンタッチ、ツータッチのシンプルなプレーで攻撃にアクセントを与える選手である。そして、柏のシステムが最近になって3−4−2−1に変わり、2シャドーの一角を任させるようになってからは、ガブリエルの特徴が顕著に現れ始めている。

例えば、8日に行われたYBCルヴァンカップの鳥栖戦では、味方からの縦パスに対し、ゴールに背を向けた状態で1トップのオルンガへ巧みなフリック。オフサイドになったものの、あと一歩で決定機という場面を作り出した。
「鳥栖戦ではスペースに顔を出し、自分と(江坂)任がボールを受けてチャンスにつながった。自分はどちらかというと攻撃の動きで違いを見せる選手だと思うので、それができてよかった」
ガブリエル自身も、鳥栖戦でのプレーには手応えを掴んだ。

ここまで多くのチャンスを作っても決めきれないのであれば、最後の精度を磨くことと同時に、より多くのチャンスを作り出すしかない。その点に関しては、ケガで開幕から出遅れた江坂の復帰によって、以前まで見られた攻撃の単調さは改善されている。そこにガブリエルが今よりもフィットすれば、攻撃の変化はさらに期待できるだろう。

「昨シーズンはブラジルでも中央でプレーしていました。そういう意味では(シャドーのポジションは)やりやすさはあります。自分の良さを出していけるのはいいと思います」(ガブリエル)

裏を返せば得点さえ生まれれば、確実に結果は伴う。チームの得点力不足を解消させる存在として、ガブリエルには大きな期待がかかる。

文:鈴木潤(柏担当)


明治安田生命J2リーグ 第13節
5月12日(日)15:00KO 三協F柏
柏レイソル vs 徳島ヴォルティス
三協フロンテア柏スタジアム(柏レイソル)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.2)
アウェイお楽しみ (3.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報