【松本 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:来る札幌戦、橋内優也が求められる2つのポイント

2019年5月11日(土)


ゴールデンウィークも終わって、J1リーグも中盤戦に突入しようとしている。ここまでの松本は、3連敗、3試合負けなし、2連敗と一進一退の戦いが続く。しかし“茨の道”になることは想定されていたことで、チーム内に動揺などは見られていない。

思えば開幕前に各媒体で行われていたJ1順位予想では、多くのサッカー評論家やジャーナリストが松本を自動降格圏内と予想していた。辛い評価には一抹の悔しさも募るが、昨季に引き続きゲームキャプテンを務める橋内優也(写真)は「厳しい戦いになることは分かっていた」と話す。
「カテゴリーが上がったことで、これまでのJ2では通用していたことがJ1では通用しなくなる。ただ時間が経つにつれて、そういう場面は少なくなってきていると思う」と現状を踏まえ、「もちろん一つでも上の順位を目指しているし、目の前の試合は勝つために全力を尽くしています。その上でシーズンが終わった時に、『来季に繋げられたね』と言えるような土台作りの1年にしたい」

トップカテゴリーに楔を打ち込むために、今季は何としても残留を果たさなければならない松本。全ての試合が、勝点を積み重ねるための大一番だ。4連勝と波に乗る札幌を本拠地に迎える今節も、その思いに変わりはない。そのためにもゲームキャプテンには、『かつての同僚だった鈴木武蔵を封じ込めるか』、『かつての恩師だったペトロヴィッチ監督に成長した姿を見せられるか』の2点が求められる。

「武蔵は、松本にいた時から紅白戦では毎試合のように得点を取っていた。個人能力としては素晴らしいモノがあり、チーム内でも評価は高かった。対戦するのであれば嫌な選手だなと思っていたので、怖さはあります」
「ミシャには徳島や松本に移籍してからも、知人の方を通して言葉を貰っています。会うのも久しぶりになるので、楽しみですね。ミシャもストレスが溜まると思いますが、僕たちも連敗しているので、しっかり勝ちたいです」

来る札幌戦、ゲームキャプテンの奮闘が勝敗のカギを握ることになるのは、間違いなさそうだ。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
5月12日(日)13:00KO サンアル
松本山雅FC vs 北海道コンサドーレ札幌
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報