【FC東京 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:ナ サンホが今季リーグ戦初先発へ「ゴールを決める意欲は常に持っている」

2019年5月11日(土)


FC東京のMFナ サンホ(写真)が、12日のJ1第11節磐田戦で今季リーグ初先発を飾ることが濃厚となった。今節は、髙萩洋次郎が累積警告で出場停止。代わりに東慶悟がボランチに入り、左サイドにはナ サンホか、大森晃太郎が入る見込みとなっている。

「まだ分からないけど、もしも先発で出られるのなら出た時はいいプレーを出せるようにしたい。パフォーマンスも悪くないと思っているので、これから先発できる機会も増やしていきたいと思っている。チームも非常に好調なので、そこに絡んでいけるようにしたい」

今季新加入の韓国代表は俊敏な動きと、右足の一振りを併せ持つ。4月6日の清水戦で途中出場から移籍後初ゴールを挙げるなど、貴重な攻撃のカードとして機能している。ここ公式戦2試合連続で無得点が続き、長谷川健太監督もゴールを熱望しているだけに、今季2点目の期待は高い。

「毎試合ゴールを取るためにプレーしている。ゴールを決める意欲は常に持っているし、それが途切れないプレーをしていきたいと思っている。監督のスタイルや求めていることも理解している。ゴールに向かう回数は要求されているので」

一方で、連係面や細かいチームタスクを徹底する点では課題も多い。昨季K2リーグ得点王&MVPの二冠を達成した本領発揮はこれからだろう。

「チームとしてどうやってゴールを目指すかというアイディアや、イメージを共有しきれていないので、そういうところは追求していきたいと思う。自分にもその課題を課して、チームとしてゴールを奪うことを目標にしていきたい。試合に出るからこそ、他の選手との連係も良くなるし、ゴールを決められれば、ゴールのイメージもより鮮明になっていくと思う」

左サイドからカットインして右足をふり抜くのが得意な形の一つだ。「試合でそれを出せるように、練習で何をしなければいけないのかは分かっている」。

そして、今季ここまで全勝の味スタでゴールを。報道陣から「ゴールパフォーマンスも期待しています」と聞かれると、「ハイ」と言ってはにかんだ。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
5月12日(日)14:00KO 味スタ
FC東京 vs ジュビロ磐田
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.5)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.4)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報