【大分 vs 清水】 ウォーミングアップコラム:今季最大の掘り出し物ルーキー長谷川雄志に注目

2019年5月17日(金)


明治安田生命J1リーグ11節・湘南戦でリーグ戦初先発出場した長谷川雄志(写真)。リーグ随一のハードワーカーが揃う湘南に対し、「バタバタすると思ったが落ち着いてプレーしてくれた。(ボランチを組む)島川との関係性が良く、及第点の出来だった」と片野坂知宏監督は評価した。長谷川は「チームとして、どう戦うのか意識した。ボールを持ったときに自分らしさを出したかった」と反省したが、当初の目標であった「試合を楽しむこと」は完遂できたようだ。

今季、宮崎産業経営大から加入した大卒ルーキーは、練習試合で対戦した際に強化スタッフの目に留まり、大分との契約を勝ち取ったシンデレラボーイだ。左右どちらの足でも遜色なくボールを扱え、ルヴァンカップ神戸戦ではワンステップで大きく正確なサイドチェンジを要所で通したことが評価され、先発の座を射止めた。

長谷川は、「これまで試合に出るための準備をしてきたので(先発で起用されることに)驚くことはなかった」と記念すべきリーグ戦デビューを振り返り、「カップ戦とは違う雰囲気があり、観客も多くてテンションが上がった」と話す。湘南戦では、かつて大分に在籍していた森島康仁(藤枝MYFC)のような一発で局面を変えるサイドチェンジを見せることはできなかったが、柔和な顔から想像しがたい体の強さを発揮し、相手のコンタクトプレーにビクともせずボールを運ぶ姿は森重真人(FC東京)を彷彿させた。長谷川は控えめに「これまで当たり負けしたことはない」と話したが、これこそが最大の長所である。

今はチームとしての狙いを全うすることに手一杯だが、徐々に自分らしさを出していけば、小塚和季、オナイウ阿道らのようにチームの新たな武器になるはず。最後はその選手に固有の「芸」が物を言う世界である。無名の新人ながら、今季最大の掘り出し物として脚光を浴びる日が楽しみだ。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第12節
5月18日(土)16:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs 清水エスパルス
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報