【金沢 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:長谷川巧が垣間見せた“向こう側”

2019年5月18日(土)


「スピードの向こう側で待っている」

金沢のホームゲームではハーフタイムにヤサガラス劇場という子どもも大人も楽しめる一大スペクタクルショーが行われているが、この言葉は前回のヤサガラス劇場でゲンゾイヤー(金沢のマスコットであるゲンゾーのバトルモード)がヤサガラス(ツエーゲン金沢を憎む悪の化身)に放った言葉。ちなみに、今節行なわれるミニ四駆企画に引っ掛けての発言だったのだが……、本題から離れすぎたので閑話休題。

今季、新潟から期限付き移籍で金沢に加入した長谷川巧(写真)の武器の一つに、スピードに乗った攻め上がりやそこからのクロスがある。だが、前節の岐阜戦ではその“向こう側”を垣間見せるプレーを披露した。

もともとシュートを打つことには積極的だった長谷川。第8節の千葉戦では自陣でこぼれ球を拾ってそのまま持ち上がると、「(パスを)出そうかなと思ったけど、DFの選手が(味方に)食いついて真ん中が空いたので」、最後は右足を振り抜いた。また、その後もたびたびサイドを駆け上がってシュートを放つ場面が見られた。

そして迎えた前節の53分。長谷川は自らのプレスでボールを奪うと、清原翔平からのパスを受けてカットイン。一旦小松蓮に預けそのまま中央を駆け上がると、スルーパスを引き出した。その後のシュートこそDFにブロックされたものの、こぼれ球が大石竜平のゴールにつながった。また、前半にもカウンターから大石が上げたクロスを、ゴール前に入りこんだ長谷川がボレーシュートで合わせる場面もあった。その姿からは、より危険な位置で決定的な仕事をしようという意思が感じられた。

長谷川自身は「特別にシュートを意識して試合に臨んだわけではない」と前節を振り返ったが、以前には「今後研究されることも見越して、縦だけではなく中に入ってシュートを打つことも意識して練習している」と話していた。それがいま、試合の中で形として表れつつある。

守備だけでも、縦だけでも、運動量だけでもないSBへ。長谷川は“向こう側”にある理想の姿を目指して歩を進める。

文:村田亘(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第14節
5月19日(日)14:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs V・ファーレン長崎
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (2.9)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.8)

移籍情報