【山口 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:熱く戦う山口の急先鋒。岸田和人の出番がやってきた!

2019年5月18日(土)


岸田和人(写真)が戻ってきた--。前節大宮戦で今季初先発。がむしゃらにボールを追いかける蒼きストライカーの風をまとい、チームが思い出すべき前向きベクトルのサッカーを表現した。「焦りはなかった。自分の色は守備では出せたし、攻撃では課題はあったが、最低限のことはできたかなと思う」。気迫十分の前線での躍動で、チームにエネルギーを吹き込んだ。

昨季はFWのメンバーがほぼ固定され、なかなか割って入ることができなかった。再起を誓った今季も右脚半月板の負傷などで出遅れ、ゲームをスタンドから見守る試合が続いた。感じ取っていたのはチーム全体の迫力不足。「前線もやっているから後ろもやろう、というように後ろが思うようなプレーをしようと思っていた。ベースとして一人一人が頑張らないといけない」。半年ぶりに出場した前節の試合後、岸田はそう気を吐いた。同じく先発に戻ってきた高木大輔とともに相手に厳しくプレッシャーを掛け、ミスを誘ったり、攻撃を遅らせたりと文字通りの躍動。そこには山口をJ2に導いた頃と同じ熱い岸田の姿があった。

もっともFW陣のポジション争いは今年も激しく、J1で結果を残してきた工藤壮人、プロ2年目で先発出場機会も多い山下敬大などと一つのポジションを争う。岸田は「もちろんスタメンで出たい」としながらも、「チームが勝つことが一番。先発で出るのがいいのか、後から出たほうがいいのかは監督が考えてくれる。ただ、自分が出た方がチームのためになるというのを日頃の練習で出せれば、スタートからも使ってもらえると思う」と正面から競争に挑んでいる。

前節は守備で力を振るった反面、ボランチからの縦パスが思うほどには合わなかった。「攻撃でも違いは出したかった。練習でのコンディションもすごく良かったし、パスをもらえれば正直やれる自信はあったが、パスの呼び込みができなかった」。相手に対策されていることを痛感し、トレーニングでは従前のパサー以外とも声を掛け合い、パスのタイミングを確認。岸田は「出場時間があれば結果は残せそうだという手応えはある。出場時間をもらえたらしっかり結果を出せるようにしたい」と語気を強め、試合と練習で得た感触を自信に、結果につながるプレーに目を向けた。

今節のみらスタに迎えるのは東京Ⅴ。岸田にとっては相性の良い相手で、昨季は2試合で2得点を挙げた。今年も「押し込めれば、いい攻撃と厚みが出せる」と展望し、「前節はシュートを打てていないので、さらにシュートの意識を持ちながら、チャンスがあれば狙っていく」と決意を語る。一心にゴールを目指し、最初の1秒からハードワークするのが真骨頂。今節もまた迷いなく熱く戦い、最前線からイレブンを先導する。

J3時代に39試合32得点という偉業を成し遂げたストライカーが再び「エース」を取り戻すとき、山口もまた風に乗って順位表の混沌から浮かび上がる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第14節
5月19日(日)14:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 東京ヴェルディ
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.5)
イベント充実 (4.0)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (4.0)