【福島 vs 長野】 ウォーミングアップコラム:出場機会増の大卒2年目DF寺前光太、高まる自覚

2019年5月18日(土)


昨季のリーグ戦出場は0。公式戦出場は天皇杯福島県予選決勝いわきFC戦1試合にとどまったが、今季はここまで全試合にベンチ入りし、第2節富山戦、第7節八戸戦、天皇杯福島県予選決勝いわきFC戦に先発出場。神奈川大から加入2年目のDF寺前光太(写真)は確実に存在感を高めている。

ヘディングでの強さ、競り合いの強さが持ち味で「まずは自分のストロングであるヘディングの部分で絶対負けない意識を持ちたい」と語る一方で、「松田監督の掲げる丁寧にパスをつないでゴールへ向かうという部分は逆に自分のウィークだと思っていますので、その部分を向上させて、丁寧にやっていきたい」とチームが志向するパスサッカーへも順応しようと懸命だ。

こうしてベンチ入りや試合出場を重ねてきているが、「正直まだまだな部分が多いです。試合に出してもらっていますが、まだまだチームに迷惑をかけています。八戸戦もいわき戦も自分のところで失点しているので、失点しない、ミスの少ないプレーを心掛けていきたいです」と反省は多い。ここまでまだ無失点の試合が無いこともあり、センターバックとしては悔しさを抱いている。

「昨年よりも責任感が出たのは大きいですし、福島のためにという意識が強くなりました」。試合に絡む機会が増えたことで、自覚が芽生え、「試合に絡ませていただいているからこそ課題も多く出ますので、その中で自分自身成長したいという欲が出てきました。昨年より体調も気をつけ、食事の面も意識するようになりました」と成長するため今まで以上に努力を重ねている。

非常に生真面目な性格で、試合への意気込みを聞くと「公式戦なかなか勝てておらず、ホームでまだ1勝しかしていないので、チームとして勝利を届けていきたいですし、個人としてはまだクリーンシート(無失点)が無いので、それに向けて貢献していきたいので応援していただけたら嬉しいです」と丁寧な受け答えをする好青年。その表情には少しずつ自信が芽生えつつある。勝利に貢献し、試合を引っ張るディフェンスリーダーへと成長すべく、寺前はひたむきに、福島のために戦う。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
5月19日(日)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs AC長野パルセイロ
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.6)