【YS横浜 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:西山峻太の旅路は分岐点に。“普通じゃないSB”から“オールマイティなSB”へ

2019年5月18日(土)


「僕は下手くそなんです」

西山峻太(写真)は自嘲しながら言う。だから、常に努力を惜しまずに成長するために色んなモノに手を伸ばしてアンテナを張りながらYSCCでスタメンを張り続けている。例えば食事面から入念な体のケア、海外サッカーのプレーヤ戦術を参考するなどして実戦に生かしてきた。だが、西山にはいま分岐点が訪れている。それは“上手くなる”ための試練――。

これまで「普通じゃないSB」になるためにゴールやアシストを演出する超攻撃型のSBを極めてきた西山。だが新たに就任したシュタルフ 悠紀 リヒャルト監督が求めるのは守備面での1対1のデュエル。その中で自らのサイドを何度も突破されて失点に絡んでしまっている現状に対して、悔しさと危機感が募っていた。

「現状に甘えていたわけではないけど、このぐらいではダメなんだなって。監督が求めているところで信頼を勝ち得ていない。そこができないと自分のポジションはなくなる」

この課題を改善するために「体がきつくても、やらないといけない。自分のところで簡単にやられなければ失点も減るし、ピンチも減る。このままではダメだし、やらないと一個上のランクに行けない」とハードなトレーニングをこなした後でも自主的に1対1の守備をチームメイトの協力を得ながら取り組んだ。今季の西山は“普通のSB”から“オールマイティなSB”への変貌を遂げようと、必死に自らと向き合いながら試行錯誤を重ねている。

「頂点にあるのはサッカーが上手くなりたいというところだけ。そこだけはブレたくない。このチームでスペシャルな存在の一人になりたい」

努力の成果は徐々に表れてきており、スピードのある相手の対応やリスク管理のポジショニングなども向上している。だが、西山が目指す場所への旅路は果てしなく長い道のり。そこへ辿り着くために毎日を全力で走り続ける。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
5月19日(日)13:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs SC相模原
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.5)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (1.5)