【千葉 vs 岐阜】 ウォーミングアップコラム:ゴールを生まれた子どもに捧げ、チームを勝利に導きたい茶島雄介

2019年5月18日(土)


茶島雄介(写真)という選手個人にとっても、千葉というチームにとっても、今季のシーズン序盤は非常に苦しく、悔しいものになった。昨季、広島からの期限付き移籍で千葉に加入した茶島は、昨季の千葉がJ2降格後の最低順位となる14位でシーズンを終えたにもかかわらず、期限付き移籍期間を延長して今季も千葉でプレーすることを選んだ。それがどういう思いによるものなのか、1月13日にたずねると茶島はこう語った。
「チームとしてここまで積み上げてきているというか続けてきている中で、去年1年間自分がやってきて、そこで自分が抜けるということはチームとしても中途半端だろうと思います。個人的にも去年1年間でいろんなポジションをやった中で、右のサイドハーフのポジションでやった最後のほうはいいプレーができて終わったと思っていますし、(フアン エスナイデル)監督(当時)にもそう思ってもらっていたので。これをもう1年、しっかり続けたほうがいいんじゃないかなという気持ちがあって、そういう意味で個人としてもこのまま終わるのは中途半端だったなという感じなので、しっかり千葉でやりきりたいなという思いがありました」

J1昇格に貢献するという強い思いで臨んだ開幕戦は、スタメンで出場したものの39分で負傷交代。茶島が戦列を離れているうちにクラブは第4節終了時に監督交代を発表し、江尻篤彦監督がチームを率いた初戦の第5節は1-1の引き分けに終わって、開幕からの未勝利は続いた。負傷箇所がやっと回復した茶島は、第6節で試合のメンバーに名を連ねると64分に交代出場し、80分に直接FKを決めてゴールを奪った。結果的にそのゴールが決勝点となってチームは1-0で勝ち、今季の初勝利を獲得した。
「開幕戦で怪我をしてしまって、ここまではチームに貢献できていなかったので。本当にこの前の試合が自分にとっては本当に開幕戦のつもりで臨んだので、そういう意味では得点が1つ取れてよかったなと思っています。とにかく1つ勝てたということが、次につながると思います」
自分の今季初ゴールとチームの今季初勝利を4月1日にそう振り返った茶島は、開幕戦では左のサイドハーフだったが、その後の試合では2シャドーの右と左でプレー。さらに、交代出場した第11節では右のシャドーと右ウイングバックを務めた。昨季と同様に、今季も指揮官の求めに応じて複数のポジションでプレーし、ユーティリティープレーヤーとしての優れた能力を発揮している。第12節からは右ウイングバックでのスタメン出場中で、5月16日にそのポジションで狙いたいことを聞くと、次のように答えた。
「チームとしてうまく機能できて、高い位置でプレーしている時はやはりサイドでドリブルで仕掛けて、クロスボールなり、シュートなりというのがまずできればいいですけど。そればかりできるわけではないので、高い位置を取りながら、押し込まれてもそこから頑張って(前に)出て行くというところは頑張らないといけないかなと思います」
今節の対戦相手の岐阜に対しても、いかに自分が高い位置を取れるかがポイントになる。
「相手はしっかりボールをつないで(千葉のマークを)たぶん剥がしに来ると思うので。やっぱり(相手に対するマークを)はっきりしないとどんどん押し込まれて、個人的にも押し込まれて低い位置でのプレーが続いてしまうと、うちのよさが出ていないと思うので、行く時はしっかり前から行ってというのをしっかりやらなきゃいけないと思います」

5月2日には第二子(女の子)が誕生し、5月5日の第12節では直接FKを決めて先制ゴールを奪った船山貴之が先導する形で、『ゆりかごパフォーマンス』で祝ってもらった。茶島が直接FKを決めた第6節は船山が負傷欠場していたためキッカーを務めたが、第12節では「タカさん(船山)が蹴りたそうだったので」と船山にキッカーを任せた。できれば、今度は自ら子どもの誕生を祝い、子どもに捧げるゴールを奪いたいところだ。彼がFKのキッカーを務めるかわからないが、パンチ力のあるシュートを打てる選手でもある。
「ポジション的に中に入って行くことはあまりないですけど、逆サイドからのクロスボールとかにはしっかり頑張って(合わせるように)入って行って、ゴールも狙えればいいかなと思っています。自分が点を取ってチームが勝てれば一番いいかなと思います」
チームは得点力に課題を抱えるだけに、茶島が高い位置を取ってフィニッシュへのいい形を作り、得点に絡めるかは重要だ。その得点が自分のもので、チームを勝利に導くものならば言うことはないだろうし、千葉でのプレーを続行した甲斐があると言える。

文:赤沼圭子(千葉担当)


明治安田生命J2リーグ 第14節
5月19日(日)16:00KO フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 vs FC岐阜
フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.5)
アクセス (4.4)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報